無料ブログはココログ

« 1月10日、日吉 Nap、二村佳代子さん | トップページ | 1月13日、町田WestVox、斉藤麻里ワンマンライブ「晴れた日のワンマンライブ(雨天決行)」 »

2008年1月12日 (土)

1月11日、高田馬場の四谷天窓、代々木原シゲルワンマンライブ「黄金時代をぶっ飛ばせ」

それにしても、よく80人も入るなあ…と思った高田馬場にある四谷天窓。代々木原シゲルワンマンライブ。

オープニングアクトは斉藤麻里さん。「ぼくらはまだ旅の途中」、「晴れた日の雨」、「うそつき」、「Dive」と4曲歌う。ギター1本で弾き語り。ライブ後に注意事項を読み上げる。代々木原シゲルさんが登場するまでの間にちょっとした音声だけの寸劇が会場にながれる。斉藤麻里さんの声もあり。ついに声優デビューか?

サイレンの音、ベース(じゃいあん)さん、ギター(イトウキミヒト(I&I))さんをサポートとともに代々木原シゲルさん登場。「ウタウノイローゼ」を歌う。店長がいるにもかかわらずいつもの歌詞で「ビールでも飲もう」、「ズル休みをしよう」と続けて派手に盛り上がる。ピアノのサポートに代々木原シゲコさんが登場。新曲を2曲。「君に会いたくなったら」、「とりあえず」。そしてまた、おなじみの曲、「スキスキスキップ(?)」、「チョコレート」、「ぼくは1等星」、「風に吹かれて」、「ふる手紙」、本人直伝かと思われる斉藤麻里さんの「わすれもの」をカバー。最後に「君との歌(?)」で第1部は終了。

第2部は、SEで路上ライブの録音が会場に流れた後、客席から代々木原シゲルさんんが登場。生音で歌い始める。「お客さんがいっぱい止まってくれてうれしいなあ…」なんて、いっちゃったりしながら、路上ライブ風に子芝居。再び、ステージに登場してコーラスに斉藤麻里さんをむかえてバンドで「京都へ行こう」、かなり久し振りに聴く「佐藤さん」、タイトルは思い出せないけど、麻薬中毒の女性を題材にした曲をしんみりと歌い、「そら」を歌い、第2部の最後の曲は「Dのコード」で盛り上がって終了。

当然のようにアンコール。2曲歌う。「21チャンネル」、「晴れるだろう」。そしてさらにアンコールで「ハッピーはありがとうから(?)」。

明るい笑顔で熱く歌う人。ワンマンライブは成功に終わったけれど、これで燃え尽きることなく、これからも、もっと歌い続ける予感。

※たぶん、曲のタイトルの一部が間違っていると思います。知ってる人は指摘してね。

« 1月10日、日吉 Nap、二村佳代子さん | トップページ | 1月13日、町田WestVox、斉藤麻里ワンマンライブ「晴れた日のワンマンライブ(雨天決行)」 »

代々木原シゲル」カテゴリの記事

四谷天窓」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518614/9835492

この記事へのトラックバック一覧です: 1月11日、高田馬場の四谷天窓、代々木原シゲルワンマンライブ「黄金時代をぶっ飛ばせ」:

« 1月10日、日吉 Nap、二村佳代子さん | トップページ | 1月13日、町田WestVox、斉藤麻里ワンマンライブ「晴れた日のワンマンライブ(雨天決行)」 »