無料ブログはココログ

« 2/3 ‘17 急遽過ぎてすみません!チャイナスクエア弾き語りワンマン | トップページ | 2/5 ‘17『歌歌2017~横浜エリー港のサリー~フリージアとショコラ・コラボイベント~』 »

2017年2月10日 (金)

2/4 ‘17 小川エリバースデーワンマンライブ2017「朱に交われば」

以前にヤマハホールには行ったことがある。ヤマハ銀座スタジオは同じヤマハ銀座ビルの地下にあった。事前の物販には間に会わなかったけれど、開場時間よりも少し前に到着したので、同じビルの中にあるCD売り場、楽譜売り場、そして地下にあるギター・ドラム・電子楽器売場を経由してヤマハ銀座スタジオへ行った。地下の楽器売り場には予想通りウクレレもあったけれど、安物のウクレレは扱っていないようだった。実は2本めを買ってLow-Gのチューニングと普通のチューニングにして使い分けようと密かに考えていた。

1-11-21-3

地下の階段付近に行くと昨日、井荻チャイナスクエアで会ったばかりの人やよくライブハウスで見かける人たちが並んでいた。そんなわけで待ち時間がおしゃべりをして過ごす。案外、同世代の人が多かった。

2-12-2

いよいよ開場。客席は赤い人たちで埋め尽くされていた。基本は小川エリさんのグッズ(Tシャツ、タオル)、某野球チームおよび某アーティストのグッズで赤の人もいた。そんな中、もう少しで売り切りそうな赤いタオルを繭さんが出張販売。開演10分ぐらい前に最後の1枚を買ってくれた人がいて完売。「完売しました」の声に、みんなが拍手。ライブ前にちょっとした盛り上がり。

まもなく、開演。赤い着物を着たエリさんが、エレキギター弾きながら、バンド編成で歌い始めた。セットリスト:

  1. 大阪の女
  2. ダイアグラム
  3. 旅立ちの唄
  4. 桜の蕾
  5. 短夜(みじかよ)
  6. 金魚ちゃん
  7. 恋し人、恋し
  8. キラキラ

ステージのバックスクリーンに映像が映る。「大阪の女」のときは、大阪の街の写真の映像など…、曲の展開にリンクしていたので、もしかしたらと思ったら、やっぱり、小川エリさん自身が作成したものらしい。「恋し人、恋し」が終わったところでバンドメンバーの紹介:

  • ベース: ヤノアツシさん
  • ピアノ: 安保一平さん
  • ドラム:  やすべぇさん
  • ギター&ディスり: 佐藤数馬さん

ここでいったん、ギター弾き語りの体制で優希さんと二人で:

  1. 山の手ピースフル (+優希)

3-13-2

山手線をCDを売りながら二人で一周したときの話をしていた。

ここで、小川エリさんは、いったんステージから姿を消し、その場に残った優希さんが1曲歌う。

  1. そぅ

優希さんに代わって、お色直しをした小川エリさんがドレス姿で登場。大森真理子さんのフルートサポートと佐藤数馬さんのギターで歌う:

  1. 笑う門には福来る
  2. 東京

4-1

再び、バンドメンバーが集結、コーラスに繭さんと潮崎ひろのさんを迎えてのステージ:

  1. スローライフ
  2. ワンダーワンダー
  3. プラム
  4. めっちゃ大事な人

 5-1

大盛り上がりの後、アンコール。シンプルなピアノの弾き語り:

  1. ノクターン
  2. スタートライン

ワンマンだと逆にシンプルなピアノ弾き語りが沁みる。小川エリさんが「やりたいことは全部やろうとした」という意味が分かった。

関連リンク:

« 2/3 ‘17 急遽過ぎてすみません!チャイナスクエア弾き語りワンマン | トップページ | 2/5 ‘17『歌歌2017~横浜エリー港のサリー~フリージアとショコラ・コラボイベント~』 »

ヤマハ銀座スタジオ」カテゴリの記事

優希」カテゴリの記事

大森真理子」カテゴリの記事

小川エリ」カテゴリの記事

潮崎ひろの」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518614/69557176

この記事へのトラックバック一覧です: 2/4 ‘17 小川エリバースデーワンマンライブ2017「朱に交われば」:

« 2/3 ‘17 急遽過ぎてすみません!チャイナスクエア弾き語りワンマン | トップページ | 2/5 ‘17『歌歌2017~横浜エリー港のサリー~フリージアとショコラ・コラボイベント~』 »