無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月28日 (木)

9/3 '17 「山根万理奈コンサート 歌ってhappy! 2017」@松江プラバホール(大ホール)

9月2日、羽田空港に行った。9月3日に松江で山根万理奈さんのライブがある。羽田空港から出雲空港に行き、バスで松江のホテルに泊まるつもりだった。

空港の待合室で見覚えのある人に会った。目的は同じ。どうやら同じ便らしい。さすがに飛行機の座席は違ったが、出雲空港の到着ロビーで待ち合わせて、同じバスに乗って松江まで行った。松江駅の近くにある居酒屋で、前夜祭的にみんなで飲み会。松江の周辺住んでいる人たちとも知り合いになれて有意義な時間。

翌日、午前中は、松江を散策。ホテルから宍道湖まで歩き、橋を渡って、松江城のあたりをふらふらした。

午後は、そのまま歩いて、ライブ会場のプラバホールまで行った。開場の1時間半以上前に到着。クラウドファンディングの特典で、1部の人たちはバックステージに入った。私は申し込まなかったので、前日の飲み会で知り合いになった人たちとおしゃべりをしながら、開場を待った。

この日になるまで知らなかったのだけれど、ホールのロビーでは、開演前のイベントがいくつかあった。

  • Cafe gallery Po の出店
  • VINCENTギター展示試奏会
  • もんさんのミニLive

もちろん、物販ではCDやこの日のイベントTシャツも売られていた。

そんなわけで、Poで買ったアイスコーヒーを飲みながら、もんさんのライブを見たりしながら待ち時間を過ごす。

ライブ開始。この日は山根万理奈さんのギター弾き語りに加えて、LiLica*さんのエレクトーンでのサポートが入った。

セットリスト:

  1. マリナッチ楽団のテーマ   ※1
  2. パレードがはじまるよ (吹奏楽団:島根大学吹奏楽部)  ※1
  3. ARASHIMAN   ※2
  4. あの海の街へ  ※1
  5. JOY! (ギター:別府克彦) ※1
  6. STAR (ギター: 別府克彦) ※3
  7. wonder  (ギター: 別府克彦) ※4
  8. あたしの気持ち  ※5
  9. ふたりのとき  ※6
  10. だらず音頭  (ダンス:B-LAND) ※1
  11. FEEL!ON!!SUMMER!!! (サックス:宮本美香) ※1
  12. Hahaha! Happy birthday   ※4
  13. 街角  (弾き語り) ※6
  14. 君を好きになったんだろう  (弾き語り) ※5
  15. 空な色 (弾き語り) ※3
  16. 手紙  ※4
  17. step by step ※4

アンコール:

  1. 星の見える晴れた夜に (生歌弾き語り) ※5
  2. あなたに  ※5
  3. ジャンヌダルク ※3

真っ赤な衣装の万理奈さん、ステージの前に立つ吹奏楽団とさすがにホールならではの演出。エレクトーンのベースも意外にいい音がした。ギターサポートの別府さんもカッコ良かった。なんか「だらず」Tシャツを着た女の子がいっぱいいると思ったら、B-LANDの子たちで、盛大にだらず音頭を歌う。「だらず」という言葉の本当の意味は、ここで歌ったほうが響くのだろう。サックスの宮本美香さんは、公開リハーサルでも見せなかったサプライズだったらしい。会場にいる人たちを巻き込んでの「Hahaha! Happy birthday」は、いつもと規模が違っていて、誰かさんが誰かさんにお誕生日の帽子をプレゼントしたりで楽しかった。クールダウンして「街角」、「君を好きになったんだろう」、「空な色」と、ゆっくりとしているけれど、じわりとくる熱いメッセージの込められた歌が続く。「手紙」は、この場所で聴くとまた違った意味で聞こえた。最後の曲は、終わりではじまりの未来を歌った「step by step」。ここで終わることもなく、アンコールは、ギターを持ち替えて、完全アンプラグドに、生声、生ギターで歌う「星の見える晴れた夜に」が会場に響いた。再びプラグドに戻って「あなたに」、そして本当の最後は「ジャンヌダルク」。来年の9月2日も、ここ松江プラバホールでライブがあることが発表になった。

ライブ後は、物販。これぐらいの規模のホールワンマンになると、物販の後に本人が握手したり、サインを書いたりといったことは、あまりしないのだけれど、万理奈さんは時間をかけて一人ずつに対応していた。そこの時間も計算に入れてホールを借りていたのかもしれない。その時間の間も、ギターの試奏会も続いていた。Cのコードの押さえ方を教えている風景もあって、ちょっとした個人ギター教室も始まっていたし、ファン同士の横のつながりもあっておしゃべりをしていたので、その間の時間も長いとは感じられなかった。

そんなライブの後、居酒屋「郷」でライブ後の打ち上げは、畑さんバースデイも手伝ってか大いに盛り上がった。詳細は凄すぎてここには書けない。

翌日も休暇だった。松江のあちこちを散歩した後、夕方の飛行機で帰った。

収録アルバム:

  • ※1「山根万理奈とマリナッチ楽団」収録
  • ※2「YAMANEMAN」収録
  • ※3「空な色」収録
  • ※4「歌って Happy!」収録
  • ※5「好きで悩んでいるわけじゃない」収録
  • ※6「愛と妄想、25歳。」収録

関連リンク:

関連記事:

2017年9月22日 (金)

8/30 '17 「女の子と音楽」@渋谷O-nest

8月30日は夜勤の予定がなかったので休みにした。この日、渋谷O-nestでSMOKY & THE GLIDERの初ライブ。出演順は、最後だった。

O-nestでどこだっけと思いつつ、7th Floor と同じビルだったことを思い出す。

最初の出演は森ゆめなさん、ギター弾き語り。この日のイベント「女の子と音楽」は4組中3組がバンドだった。セットリスト:

  1. シャイニーガール
  2. サマーナイト
  3. ラブレター
  4. パズル
  5. いつか

明るいカワイイ面白い。わりと gee-geに出てるらしい。このライブの話も例の方から話があったとか。知り合いの知り合いぐらいだったので、ライブ後に色々と話しを聴いた。そのままの明るいキャラだった。上京してまだ日が浅いようだった。

2番目の出演は雨宮まあ子さん、バンド編成。「night scope」とか「口癖harmonize」とかが印象に残った。6曲ぐらい歌ったと思う。

3番目の出演は immortal noctiluca。どっかで見たことがあると思ったら、天田優子さんのバンドだった。なかなか面白そうなバンドだった。ライブがすべてというよりも、CDを含めた活動の切り口のひとつがライブという感じ。そんな楽しみ方をすると嵌りそうな気がした。

トリはSMOKY & THE SUGAR GLIDER。ギターボーカルMary、ベースコーラスなかむらしょーこ、キーボードArisaの3人組。サポートギター:真壁陽平、サポートドラム:よっち。まだ正体不明な部分、聴くほうも手探り(演奏する側もたぶん)な感じだったけれど、色々な要素があった。なかむらしょーこさんは期待通りコーラスを入れてくれたし、Arisaさんの影響なのか音がオシャレでポップよりになっていた。5曲ほど演奏したが最後の曲「universe」以外はタイトルを云わなかった。まだ決まっていないかもしれない。いずれにしろ、これからに期待が持てるバンドだった。過去に斉藤麻里さんはPink Radioというバンドをやっていたことはあったけれど、作詞作曲は斉藤麻里というMARY色の濃いバンドだった。客席にはALLanHiLLZの二人、maaayoさん、初音さんの姿があった。みんな、彼女たちが気になっていたようだった。

関連リンク:

8/27 '17 「なんと!?今年は昼も夜もやります!木下直子誕生日当日祭」

ほぼ、チケットの発売と同時にかった木下直子さんの誕生日当日祭、昼と夜のライブ。

元々は、そんな予定ではなかったが、8月の後半は夜勤続きで、ちょっとだけ眠い感じで渋谷Gee-geへ行った。昼はバンドでのライブになる。

サポートは渋谷CLUB QUATTROの時のメンバー 、ギター:笠間洋平、ベース:坪光成樹、ドラム:古賀真人。セットリスト:

  1. 愛の大きさ
  2. まだ見ぬ光(?)
  3. ツヨガリ、ヨワムシ
  4. 手のなるほうへ(?)
  5. 白昼夢
  6. 愛大
  7. シャボン玉
  8. 僕の彼女
  9. 赤い靴のワルツ
  10. 空耳
  11. 最後の音符
  12. Hello Hero
  13. 太陽の届く場所
  14. 生きとし生けるもの

アンコール:

  1. うたのことのは

昼間っから、アボカド丼とか食べながら、たっぷりと聴いた。そして西荻窪へ移動。天気が良かったので、公園で本を読んでいた。油断すると蚊に刺されるが…。時間になったのでアートリオンの前に行くと知った顔が何人か居た。どうやって時間を潰していたかという話題になり、井荻のピーコックで時間を潰すという移動距離的に微妙な時間の潰し方をした人もいた。

夜、西荻窪アートリオンでは、サポートは笠間洋平さんだけで、メインは木下直子さんが弾き語りになるというまったり系のライブ。店の中に入ると、だいじゅさんが注文をとっていた。キッチンには倉沢桃子さん。久し振りのアートリオンは居心地がよかった。ご飯も美味しい。第1部(?)のセットリスト:

  1. 夢の島
  2. あなたの隣と隠しごと
  3. 飼い猫
  4. 夢の終わり、そしてはじまり
  5. バクの歌
  6. あたたかな食卓

そして第2部は、木下直子さんの楽曲限定のドレミファどん!。実はバースデイライブに来たのは数年ぶりだったのだけれど、既に毎年恒例になっており、3人ほどの常連がほとんど答えてしまっているので、来年からは殿堂入りして、引退してほしい的な方向に流れていた。そんな中で、ファンに曲を当てられながら、曲たち:

  1. まほうの手
  2. 悲恋謌
  3. 紙飛行機
  4. いのちの音が聞こえる

レアな曲が多かった。

後半の曲たち:

  1. たったひとつの恋
  2. 硝子細工
  3. もも
  4. いつか見た夢の続きを
  5. 流星群

「もも」はアートリオンで歌いたかったらしい。この日は、夜勤があるので、後ろ髪を引かれつつ帰ることにした。午前2時から仕事だが、電車に乗らないと交通手段がなくなる。そのことを告げると、すっかりリラックスモードの直子さんが笑顔で「午前2時…」とワンフレーズ歌った。飲み放題に参加できなかったのは残念だけど、ちょっとした思い出ができた。

関連リンク:

2017年9月19日 (火)

8/26 '17 まだまだ夏ザンショ!〜今日のバンドライブがDVDになっちゃうぞスペシャル〜

小川エリさんのレコ発のツーマンライブ。お相手は上保美香子さん。チケットの番号順に赤坂グラフィティに入る。

ライブ前に既に小川エリさんの物販開始。小料理屋の女将があげそうな可愛らしいめの喜声を上げてお客さんに対応していた。今日発売のCD以外にもさまざまなグッズあり。

最初の出演は上保美香子さん、ピアノ弾き語り。バンドメンバーはギター:佐藤数馬さん、6弦ベースとたまにコーラス:ヤノアツシさん、ドラム:やすべぇさん。セットリスト:

  1. 宝地図
  2. 夏の花びら
  3. エクセリオ(?)
  4. destiney
  5. 約束の桜の木の下で
  6. Dear
  7. 新しい私

8曲目の「Dear」では小川エリさんも参加。上保さんに可愛いを連発していた。上保美香子さんのライブは、去年、そばやDeライブで見て以来、約1年ぶり。

後半は小川エリさん、今回はギター弾き語りとハンドマイク。バンドは引き続き、佐藤数馬さん、ヤノアツシさん、やすべぇさんの3人。セットリスト:

  1. 短夜
  2. 線香花火
  3. タコ焼きFunk
  4. 金魚ちゃん
  5. 愛ある嘘
  6. 恋しい人恋し
  7. Aile
  8. ノクターン
  9. ワンダーワンダー

最初の「短夜」はハンドマイクで、「線香花火」からギター弾き語り。「愛ある嘘」は、ここで来るとは思っていなかったので、結構、うれしかった。最後の「ノクターン」は、ピアノ弾き語りになるかと思いきや上保美香子さんのピアノだった。全体的に、バランスがいいバンド、ディスリも加えて佐藤数馬さんの名調子、やすべぇさんのドラムもさることながら、ヤノアツシさんの地味にいい感じのベースが印象に残った。

アンコールは、全員で:

  1. 真夏の夜の夢(松任谷由実カバー)

そして記念写真:

DSC_1193

このライブの模様はDVD化されるという話があったけれど、何時なのかは知らない。

お見上げは、レコ発のCD「短夜に思いを馳せて」、まだ入手していなかったCMソングに起用された「Aile(エイル)」、そして、先日のワンマンライブのDVD。光るタコ焼きペンは、普通のペンライトかと思っていたら、ボールペンとライトがバラバラになって暗闇でひっそりメモを取るときに使える優れものであった。

関連リンク:

2017年9月 9日 (土)

8/13 '17 マリフェス~Summer~

斉藤麻里さん企画「マリフェス~Summer~」で渋谷のStar Loungeに行った。このイベントは、バンドを固定にしてボーカルが変わるというスタイル。メンバーは去年の斉藤麻里さんのバースデイパーティーに参加したメンバーで構成されている。ボーカルもバンドも全員女性。今回は2回目になるが、前回は、仕事の都合で最後の30分ぐらいしか見られなかった。今回も引き続き仕事で忙しかったのだけれど、日曜日だったので、なんとか参加できた。

最初は、挨拶がてらにボーカル陣が全員出演で歌った。

  1. メロディ

前半はアコースティックな構成になるという。

まずは斉藤麻里さんがギター弾き語りスタイルで:

  1. ハレルヤ!

maaayoさんの出番。斉藤麻里さんはそのままギターサポートで残った。

  1. 想い風
  2. Sign

初音さんがピアノ弾き語り。引き続き斉藤麻里さん。

  1. また逢いたい
  2. ホントはね

GIVE ME OWさん、ギター弾き語り。

  1. 後れ毛
  2. 恋だった

マキアダチさんギター弾き語り。ピアノサポートにしのえみさん。

  1. センチメンタル夏☆
  2. アンサンブル

続いて後半は、バンド構成。ベース:なかむらしょーこさん、ドラム:Uさん、ピアノ:にしのえみさん。

普段はChelsyというバンドで活動しているGIVE ME OW の Mioさんの出演。他のバンドで歌うことはめったにないとか。

  1. キミトガ
  2. さよならスカート
  3. It' so easy

続いてmaaayoさん、8月18日にはバースデイワンマンライブが控えていた(これを書いている時点では大成功で終了していたらしい)。

  1. one world
  2. 太陽のプリズム

初音さんがエレキギターで登場

  1. リフレイン
  2. 毒リンゴと○○

マキアダチさん、相変わらず、紙芝居も交えて訛りながらのライブ。例のイラストがMXテレビのアニメになっており、声もマキアダチさんらしい。曲は「アンサンブル」を含む3曲。

最後は斉藤麻里さん。

  1. Happy night
  2. new world
  3. 君が居なきゃ世界はまるで意味を成さないんだ。

フィナーレは全員で:

  1. Shake(スマップのカバー)

意外な選択。次のマリフェスは10月25日にハロウィンナイトを六本木morph Tokyoでやるらしい。もう既に、人を巻き込んで仮装をするのが楽しみになっているのではないか、斉藤さん。

関連リンク:

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »