無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月29日 (月)

11/11 '17 Hotty & rhythm vol 13

Missiw さんが出るので渋谷GuiltyのHotty & Rhythm Vol.13 に行った。

できれば、イベントは最初から最後まで見たいのだけれど、午前11:30からはじまり、たぶんトリのRisky Melody が出演するのが 8:55というスケジュール。最初は暇な予定だったのに野暮用がたくさんできて、時間的にも体力的に参加は難しかった。

そんなわけで、MISSIWさんの出番のちょっと前に来て、MISSIWさんが出た後に帰ることにした。

到着したころにはちょうど、TiraMiss が演奏しているところだった。ボーカルのRaimuさんを中心とするガールズバンドでなかなか感じがよかった。サポートメンバーの一人に「こんなところで会うなんて、本当に色んなライブハウスに来るんですね」と声をかけられたが、最後にどこであったか思い出せなかった。そして、MISSIWさんのダンスと歌:

  1. Generation
  2. X-Y-Z
  3. Stay in my heart
  4. Kizuna
  5. 脳内センセーション

お馴染みのファンの人たちと盛り上がった。

時間がなかったのでMISSIWさんに挨拶して、笑顔に癒されてから、帰宅。

関連リンク:

2018年1月24日 (水)

11/6 '17 ヒサ絵ワンマンライブ@井荻チャイナスクエア

月曜日に恒例となりつつあるヒサ絵さんのワンマンライブが井荻チャイナスクエアであった。サポートギターは中畑丈治さん。

前半のセットリスト

  1. moon river
  2. 月ニカクレテ
  3. ワガママ涙
  4. 夏のヌケガラ
  5. サプライズ
  6. ムネノナカノカイブツ
  7. 星の涙

後半:

  1. 蛇heavy baby
  2. 恋のドロボー3210!
  3. アパート
  4. 夕焼けグッバイ
  5. ウラシマタロー
  6. 不届きな願い
  7. 祈り

アンコール:

  1. 今という宝石

この日のヒサ絵さんの歌い方は、キタオさんのときのように、ボーカルでギターサポートを引っ張る歌い方になっていた。

横浜O-Siteのサポートも中畑さんになるらしい。

関連リンク:

2018年1月22日 (月)

11/5 '17 ふわ(o・v・o)ライブ「テーブルに裏ごしタイプと果肉入り両方置いておくのがベスト」

ヒサ絵さん、ふわライブに出るので、横浜O-Siteへ行った。

最初の出演は花野(かの)さん、ギター弾き語り。井荻のチャイナスクエアでバイトしているときに2度ほど会った。そのときデモ版の「わたしが雨を好きな理由」を買った。ちゃんとライブを見るのは初めてだった。セットリスト:

  1. わたしが雨を好きな理由
  2. どうして
  3. くすのき
  4. カントリーロード(カバー日本語詞)
  5. 愛しい君へ
  6. あの雲のように
  7. はじめのいっぽ
  8. カメレオン

物販でCDを買うとき「わたしが雨を好きな理由」をライブではじめて聴いたと云ったら、久しぶりに歌ったと言っていた。

2番目の出演はヒサ絵さん、ギター弾き語り:

  1. コンナ朝ニ
  2. わすれもの
  3. サプライズ
  4. 夏のヌケガラ
  5. ウラシマタロー
  6. 祈り

この日、2018年3月28日に横浜O-Siteで初のワンマンライブ(中華屋を除く)を開催することを発表。O-Siteの音とヒサ絵さんは相性がいい。ワンマンはもちろん、これから増えるであろう東京のライブでチケットが売れていく様を見るのが楽しみ。

3番目は絢音さん、ピアノとパーカッションのサポートで歌う。

  1. ジャパニーズ・ピザ
  2. Time Capsule
  3. 君が好き
  4. Brilliant days
  5. 理由

お好み焼きのことを歌った「ジャパニーズ・ピザ」は笑撃的だった(ダンス:岡田茜、上村叶恵)。さすがに「涙流星群」は最近あまり歌っていないのかな?

4番目、上村叶恵さん、ピアノ弾き語り。

  1. パラノイア
  2. 月見草
  3. ひまわり
  4. 祈り

久し振りに聴いた。「ひまわり」では岡村茜さんと絢音さんがダンスサポート。この人の自分が叶えるべき使命についてまっすぐに語るところは気持ちいい。池袋タワレコでレコ発イベントがあるらしい。

5番目、岡田茜さん、ギター弾き語り、ピアノとパーカッションのサポート。

  1. アゼリア
  2. TUTUTU
  3. カモミール
  4. 乾杯しよう!
  5. 笑いあっていようよ

予想通り「TUTUTU」では絢音さんと上村叶恵さんが参加していた。

トリは kaho*さんピアノ弾き語り。

  1. 冬の魔法
  2. ファンファーレ
  3. 幸せのベルが鳴る日
  4. アイスバーガーの歌
  5. あなたと

相変わらず戸塚密着で活躍しいるらしい。

そして、アンコールはユニフォーム着替えて歌っていた。

  1. The mind of seagulls (横浜FCシーガルズの応援ソング)

もともと住んでいた横浜だが、今は遠いのでヒサ絵さんのワンマンのチケットを買って早めに帰った。

関連リンク:

2018年1月19日 (金)

11/4 '17 Communi“Kei”tion vol.10-そんな事より日焼けしようぜ-」

国分寺の住宅街の中を進んでいくとインパクトのある骨董品さんの隣のビルにGive Heartsがあった。

お昼のライブで斉藤慶さんとヒサ絵さんのツーマンライブ。斉藤慶さん企画 Communi“Kei”tion vol.10-そんな事より日焼けしようぜ-」。

客層は、男女比が半々だった。

前半はヒサ絵さん、ギター弾き語り:

  1. 月ニカクレテ
  2. わすれもの
  3. アパート
  4. サプライズ
  5. ウラシマタロー
  6. 陽だまりの中で
  7. 祈り

「祈り」は、何度も聴いている曲だけれど「自分をあきらめないで」という歌詞の意味をもう一度聴きながら考えていた。

後半は斉藤慶さん、ギター弾き語り:

  1. 新曲(タイトル未定)
  2. タバスコ
  3. オムライス
  4. 強虫
  5. 借りっ放しの命でも生きていくことで返せるさ
  6. MOJAMOJA SMALL GIANT
  7. Marry me.

斉藤慶さんは、初めて見たけれど、気に入ったので、CDを購入。後で調べてみたら、下北沢Lownにも出演しているようだった。

ここで「そんな事より日焼けしようぜ」は、そういう名前のLINEスタンプ(意味不明な)をヒサ絵さんが送ったことがヒントになったとか。

そして、アンコールはこの日のために作った曲を二人で歌った。

  1. Mirai

知っている人同士のツーマンはコラボがあって楽しい。「Mirai」は、また聴きたい。

関連リンク:

2018年1月16日 (火)

11/2 '17 宮﨑薫×斉藤麻里 ~Daikanyama LOOP 9th Anniversary~

早めに代官山LOOPに到着してしまい、誰もいなかったが少し待っていたら、看板が出てきた。

Image

この日、代官山LOOPで宮崎薫さんと斉藤麻里さんライブ。店の前に並んでいる人は、Web予約組とチケット組に明確に分けられた。チケット組は見覚えのある人たちばかりだった。

やがて、開場、最初の出番は斉藤麻里さんギター弾き語りに、杉浦琢雄さんのピアノとコーラス。セットリスト:

  1. しあわせの丘
  2. 魔法のバンドエイド
  3. darling
  4. 曖昧な夢の中で
  5. New world
  6. ジャカランダ
  7. ダイブ

「魔法のバンドエイド」のピアニカバージョンに「darling」、久々に聴けてうれしい。特に「曖昧な夢の中で」の杉浦さんのピアノアレンジは新鮮だった。「ジャカランダ」は、ハンドマイクで。最後は「ダイブ」。

45分間という少し長めのライブで普段はできない曲を聴けたことは満足。ただし、ライブ全体のながれは、ちょっと雑然としていたかな。

この辺は、普段から聴いている人以外に受け入れられにくいところだったかもしれない。いつもの人たちもたくさん来ていたので、問題ないとは思うけれど、せっかく、普段は見ていない宮崎薫ファンに斉藤麻里の存在をアピールできるところまでは、いかなかった。どうも、こういう日は父兄参観日のような気分になる。

後半は、宮崎薫さん、パーカッション、コーラス、ギター。アコースティックバンド構成。

  1. ふたり
  2. one sided love
  3. Loving you
  4. Shape of you (Ed Sheeran)
  5. カルマ
  6. 愛がここにあること
  7. 日はまた昇る
  8. 二人のシナリオ

アンコール

  1. 愛する人

久し振りにまたライブを見たい人が増えた。ライブの進行、曲の感じもよく、「カルマ」は音源化されていないようだが、理解しようとしない「人」という複数の他人のもどかしさのようなものを感じた。サポートメンバーも、固定で割と仲が良さそうだった。男性のコーラスのみのサポートというのは私の中では珍しいパターンではあるが、こういうのもありだなっと思った。

惜しいのは、せっかくのツーマンなのに、斉藤麻里さんのファンが宮崎薫さんの物販に並んだり、その逆のパターンは、あまりなかったように見えた。私は迷わず宮崎薫さんの物販に並んでCDを買ったのだけれど…

宮崎薫さんは最近回数が減った斉藤麻里さんほどは頻繁にライブをやっていないようだったが、次のライブを狙っている。

関連リンク:

10/30 ' 17 六本木morph-tokyo morph×MISSIWコラボ企画!『M'stage』~ハロウィンスペシャル~

morph tokyo 15周年でハロウィンの10月、MISSIWさん企画「M'stage ~ハロウィンスペシャル~」に行った。

開演17:45なので、当然、最初から見ることはできず、会場に到着したのは19:00を過ぎていたと思う。

ジャンルを問わずのお祭り騒ぎで、ハロウィンコスプレ状態だったので、有料の撮影パスを買って熱心にカメラを構えている人たちが居た。

この日のHisa(ヒサ絵)さんのセットリスト:

  1. 恋のドロボー3210
  2. あの子になりたい
  3. 祈り

ミリタリールックで踊る姿はレアだったと思う。そして、MISSIWさん、ダンサー二人を引き連れて:

  1. Generation
  2. X-Y-Z
  3. Kizuna
  4. 脳内センセーション

パフォーマンスはもちろん、これだけの出演者をオファーできるのも凄い。

関連情報:

2018年1月 5日 (金)

10/29 ' 17 MISSIW企画!東京タワー! 『INFINITY LIVE in Tokyo Tower Vol.8』~ハロウィンスペシャル~

MISSIWさん企画の 『INFINITY LIVE in Tokyo Tower Vol.8』~ハロウィンスペシャル~ に行った。

場所は東京タワー大展望台。去年、一昨年とこのイベントを東京タワーに見に来たときは、晴れていたので、階段で上ってきたのだけれど、今回は、風雨が強いため、階段で上ることができなかった。

DSC_1330_thumb

今年のタイムテーブルはこんな感じ:

DSC_1329_thumb

最初の出演者は、「みなこめ。」さん、

米屋の娘らしい。

  1. ?
  2. 今この手を繋いで
  3. あいのことば
  4. やっぱり、君が好きだから
  5. みずたまもよう
  6. こめこめファンファーレ

曲が気にったので、「ラブコメ~愛の言葉~」というCDを買った。このCDをきっかけに作詞作曲の夏目ひみかという人を知るきっかけになった。

2番目、優菜さん、

ざっくりと、こんな曲をうたったと思う。

  • Moving Now
  • ふたりの時間

3番目、ヒサ絵さん。

  1. ワガママナミダ
  2. わすれもの
  3. 蛇Heavy baby
  4. 祈り

4番目、MISSIWさん、ダンサー二人を連れて、海賊の衣装。

  1. Generation
  2. Destiney Love
  3. Kizuna
  4. X-Y-Z
  5. 脳内センセーション

5番目、4番目が、Girl Friendsさんだった気もするが、この日既にライブがあったため、到着が遅れてMISSIWさんと入れ替わったように記憶している

前から、噂のグループ。この日はステージが狭いため、5人での出演。ざっぱっくりと、3曲だけ、メモに残っていた。

  • シャイニングワールド
  • マテリアル
  • ステップアップ

最後は福永幸海さん。

そして、最後にジャンケン大会、記念撮影で終了。

DSC_1339_thumb

関連リンク:

10/27 '17 glitter vol.1 @ 下北沢 Live Holic

初めて行くライブハウス下北沢Live Holic は、ビルの5Fにあった。下ばかり見ていてもライブハウスは見つからない。ちょっと迷った。

中に入ると、若い女の子のファンの比率が高かった。明らかに匂いが違っていた。出演者が男性ボーカルのバンドで出演者もたぶん若いのだろう。

ちょうど「愛scream」の演奏が始まったところだった。途中、ギターでトラブル「お客様の中にギタリストはいませんか?」という問いかけあり。確かにたまにこれで、替えの弦が見つかることがある。体制を立て直して演奏を再開。「プーさんのハニーハント」、「おでんRock」、「いいやつどまり」といったカッコイイというより、ちょっと面白い感じの曲が多かった。普段はもっとふざけているんですとMCで話していたけれど、真偽のほどは不明。

続いてのバンドはMs.take そして パステル。音の太いいい演奏をしていた。

そして、SMOKY & THE SUGAR GLIDER。この日は演奏はよかったが、残念ながら、ボーカルが揮わず。まだ、始まったばかりのバンドなので、この先に期待。せっかくいつもとは違うファン層の人に存在を知らしめるチャンスだったのが残念。

愛scream のメンバーの一人が、その後、本当にギターを壊してしまったらしく、ギター修理募金箱が登場した。

https://twitter.com/iscream61475660 (愛scream のツイートから)

関連リンク:

2018年1月 1日 (月)

10/25 '17 morph-tokyo 15th Anniversary!! ハピコレ×斉藤麻里 『マリフェス〜ハロウィンナイト〜』

morph-tokyo 15周年でハロウィン企画なイベント「morph-tokyo 15th Anniversary!! ハピコレ×斉藤麻里 『マリフェス〜ハロウィンナイト〜』」に行った。

会場に行くと、怪しい皿が売っていたメンバーが絵を描いた皿らしい。

https://twitter.com/givemeow/status/923105674736713728 ( give-me-oweさんのツイートから)

ライブスタート:オープニングは全員で:

  1. メロディ

続いて斉藤麻里さんがギター1本で弾き語り:

  1. 夕焼けセンチメンタル
  2. 月がキレイだから

そしてマキアダチさん。前半は基本的にアコースティックだが、結果的に「ギターうちこみたろうまる」になったらしい。

次にGIVE-ME-OWさん、ギター弾き語り:

  1. さよならスカート
  2. やまのて

続いてのアコースティックコーナーは初音さん、ピアノ弾き語り。

  1. つよがりソレイユ(声を聞かせて)
  2. となりあわせ

後半はバンドのメンバーを固定にしてボーカルが入れ替わって歌う.

ギター:ひぐちけい、ドラム: U、ピアノ:にしのえみ、ベース:なかむらしょーこ、コーラスとシェーカー: 斉藤麻里

マキアダチさん、例によって独特の音楽の世界と紙芝居。この日、やっと物販でCDを買う。

GIVE-ME-OWさん:

  1. イッツソーイージー
  2. 恋だった
  3. 月並み22

初音さん:

  1. 毒リンゴと○○
  2. Refrain~now a day~
  3. A DAY

トリは斉藤麻里さん:

  1. モンスター
  2. 瞬きシャッター
  3. New world
  4. 君が居なきゃ世界はまるで意味を成さないんだ

アンコールの拍手の中、全員がミニオンに扮して登場。けいちゃんは今年もバナナ。初音さんは去年見ていただけだったので参加できてうれしかったとか。曲は、ちょっと面白めの選曲

  1. 妖怪人間ベム(往年のアニメのテーマソング)

 

関連リンク:

10/22 '17 創造して破壊して〜秋、夜長に聞こゆ音〜-東京編-@赤坂グラフィティ

台風が接近している中、赤坂グラフィティで瀬戸香好美さん企画「創造して破壊して〜秋、夜長に聞こゆ音〜-東京編-」、『僕らの未来』のレコ発ライブ。

瀬戸香好美さん自身のことは知らなかったのだけれど、ヒサ絵さんが出演ということで見に行った。

最初の出演は玖咲舞さん、ピアノ弾き語り。

  1. インソムニア
  2. あの子
  3. 引金はあなたが
  4. メメント
  5. 愛の宿

昨日に引き続き見た。独特の雰囲気。瀬戸香好美さんのイベントには以前にも出演しているらしく。前回のレコ発『妄想少女』のCDにはフォトブックが付いてきたのだけれど、舞さんは「エロ本付きのCD」と形容していたらしい。

2番目は梶有紀子さん、ギター弾き語り。

  1. 想像グライダー
  2. 夢見る一歩
  3. いつかの唄
  4. 友達ごっこ
  5. サヨナラマタイツカ

ちょっとだけ久しぶりの梶有紀子さん、物販の時に『サヨナラマタイツカ』の収録されているCDが欲しいという話をしたら、ちょっと勝ち誇った感じであるんですよと、新しい300枚限定シングル『FLOW』を差し出す。お目当ての曲が収録されていたのでCDを購入。10月5日から会場限定で販売になっていた。

3番目は小玉しのぶさん。この日は高高の高田歩さんがギターサポートに入っていたと思う。小玉しのぶさんは瀬戸香好美さんとは付き合いが長いようだった。小玉さんの楽曲はあまり知らないのだけれど、「存在価値」という曲が耳に残った。

4番目はヒサ絵さん、ギター弾き語り:

  1. わすれもの
  2. ワガママナミダ
  3. サプライズ
  4. ウラシマタロー
  5. 祈り

2曲目の「ワガママナミダ」は玖咲舞さんのリクエストだったとか。ヒサ絵さんと瀬戸香好美さんは6月にあった大山新茶祭りで急接近したとか。

トリは瀬戸香好美さん。サポートはピアノにU-SYOKEさん、ドラムに中屋麗さん。初めてだったので、楽曲は、あまり知らないのだけれど、雰囲気も良かったし、せっかくのレコ発だしでCDを購入して帰った。

この日、超大型台風が東京を通過。瀬戸さんのツイッターでは出演者の安否確認をしていた(笑)。

関連リンク:

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »