無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

11/25 '17 斉藤麻里&坂本麗衣ツーマンライブ「相棒はJ-45 vol.8」

個人的には1か月半ぶりの BLUE NUDE STUDIO。やはり住宅街の真ん中にあるので、わかりにくい。

迷うことを前提に早めに行ったら、同じ発想なのか早めに来たTさんに会う。

1

開場を待ちながら少し話した。「相棒は J-45」には初めて来たらしい。柄にもなく、斉藤麻里さんと坂本麗衣さんのツーマンはお互いの曲の交り方が半端ではないことを説明した。

まもなく開演。BLUE NUDE STUDIOは相変わらず、広くはなかったが、ステージ上の出演者がギュギュっと詰まっている感じもなかなかいい。

ボーカル、ギター、キーボード:坂本麗衣

ボーカル、ギター:斉藤麻里

ベース:なかむらしょーこ、ドラム:加藤聡、ギター:田口慎二。

セットリスト:

  1. ハレルヤ!
  2. 愛のうた
  3. Monster
  4. Jump!
  5. 魔法のバンドエイド
  6. Baby, don't cry
  7. チェックメイト
  8. 月明りの部屋で
  9. ジャカランダ
  10. スパイダー
  11. メロディ
  12. Jumping to the freedom
  13. ダイブ
  14. 遠くから

アンコール:

  1. J-45

期待通りの定番の曲に加えて、「魔法のバンドエイド」を歌う坂本麗衣さんは斉藤麻里さんとは違う声質で、またいい感じ。坂本麗衣さんの作曲「ジャカランダ」は、二人でギター。そういえば、こちらも坂本麗衣さん作曲の「スパイダー」。「Baby, don't cry」は、あまりライブでやらない曲らしいが、あまりにも良すぎて、物販で完売になった。これを予想していつもよりも余計に持ってくるべきだったという声もあり。このイベントで「J-45」をやらないわけがない、アンコールで歌い、やっとでたかという感じ。

それにしても、あっという間だった。

関連リンク:

2018年2月22日 (木)

11/22 '17 +佐伯佑佳ソロライブ”ゆかのもりvol.5”+ゲストアーティストも全員、演じ、歌う大好評企画、第5弾!!

「ゆかのもり」を見に赤坂グラフィティへ。今回はゲストに舞戸亜美さんが出る。

開始を待っていると、オリジナルの開演の注意の後、ゆかの森に迷い込む。

ゆかの森の魔女さんは、HISへインドへ行きたいと相談するが虚々実々な内容のやりとりの末、断られてしまう。電話を使ったひとり芝居。相変わらず面白い。

最近のアラサー女子3人のシリーズの後、歌。サポートギター:中畑丈治さん、パーカッション:春里晋平さん。

  • やってらんないわ
  • 美しい人へ

ゲストとのかけあい

  • 流しの妖精(さとうGO)さんがギターを持って歌いながら現れる。相変わらず、強力なインパクト。ギター弾き語りで「喝采」やはり昭和歌謡。
  • セリフの言えないピアノの妖精(響き、)さんは、アカペラで歌ったり、ピアノで弾き語り。セリフはなし。
  • お眠む(?)の妖精(舞戸亜美)さん、眠そうな感じが普段の亜美さんと重なる。

一段落して、佐伯佑佳さんの歌:

  • こんなに星がきれいな夜は

後半は、歌が中心。

舞戸亜美さん、ピアノ弾き語り:

  1. Sham(シャム)
  2. ожерелье(アジェリェーリェ)https://youtu.be/45xFJqjm-nw  # 佐伯佑佳さんとコラボ
  3. 記憶 # 佐伯佑佳さんとコラボ

さとうGOさん、ギター弾き語り:

  1. あなたと人形の家のブルース
  2. 理由(わけ)の名前  # 佐伯佑佳さんとコラボ
  3. クリスマス海峡 https://youtu.be/nszdGN_yyXA # 佐伯佑佳さんとデュエット

響、さん、ピアノ弾語り。(MCはのセリフはあり):

  1. ?
  2. rainbow # 佐伯佑佳さんとコラボ
  3. century plant # 佐伯佑佳さんとコラボ

再び佐伯佑佳さんのライブ。

  1. のんだくれのうた
  2. アイスクリームになりたい

アンコール:

  1. (三日前に作った曲をピアノで弾き語り「あなたのまま恋であふれますように(?)」
  2. Happy Sunday (Wednesday版を全員で)

関連リンク:

2018年2月19日 (月)

11/19 '17 ALLaNHiLLZ OneManShow【PLAIN PLANET】

既にお馴染み青山RiZMへALLaNHiLLZのワンマン。会場前に到着。

DSC_0001_small

入口で来場者全員プレゼントのCDとアンケート用紙を受け取った。

ALLanHiLLZ_pLaiN-pLaNet

この日はライブだけではなく、ラジオの公開収録もあった。その時に、ラジオの中で紹介するとのこと。考えているとキリがないので思ったことをぱっと書いてアンケートボックスに入れた。

いよいよライブ開始。SEの後で、二人が登場。今回は、サポートメンバーを加えずに、本当に二人の歌とギターだけのライブ。珍しく、エフェクターも使った(スメルマン風?)。この日のライブは半分が新曲。ブログによると、7曲が新曲だったらしい。いつものサポートメンバーは、会場の後ろのほうで見ていて、「こんな風になるから」と声をかけていた。この日限りの即興の曲もあり。2009年デビューして彗星のごとく消えた二人組の曲もやった。セットリストについては、本人の翌日のブログに書いてあったので、ここでは省略。ライブの半ばでラジオの収録があったのだが、3名ほどアンケートが読み、その中に私のアンケートも入っていた。よくあの広げにくい内容で話を広げられるなあ、もうちょっと考えて書いたほうがいいかなと思った。いい思い出になった。ライブ中の言葉「どうやら、俺たち、一生音楽をやっていくらしい」という言葉、耳に残った。この先もずっと楽しみになるライブ。

関連リンク:

2018年2月16日 (金)

11/18 '17 手話ソングライブ Music Sign~言葉と歌を繋ぐ架け橋~

Music Sign があるので千葉県船橋市のきららホールへ行った。このホールは市の施設。京成船橋駅とJR船橋の間にある駅ビルの上の階にある。市外の人にはちょっと、わかりにくい。チケットの申し込みも電話かFAXということで、1か月前に電話で予約した後、チケットを取りに行った。他にも方法があったが、船橋は家からあまり遠くないし、場所も確認したかった。結果的には、出演者に取り置きを頼んでも大丈夫だったようだけど…。

BPS20171229_0002BPS20171229_0003

中に入ると、舞台にスクリーンがあって色々な説明が字幕で表示された。ろう者の方々への配慮と思われる。なんども、Music Sign へは行っているが、字幕が出たのは初めてだった。

この日の出演は、三浦剛さん、忍足亜希子さん、宣伝のフライヤーでは、手話は、この二人ということになっていた。そして、SOONERS、ダイナマイトしゃかりきサ~カス、フジモトタカコさん。

前半のセットリスト:

  1. Music Circle (ALLanHiLLZ / Sooners ) https://youtu.be/IBDWU6v9kS0
  2. In the making (Sooners) https://youtu.be/PwAk0coJj4Q
  3. 雨上がり虹の花 (フジモトタカコ) https://youtu.be/1k2oOpTHil8
  4. おふたりさま (ダイナマイトしゃかりきサ~カス) https://youtu.be/raJBgU072uI
  5. 風邪と花火 (フジモトタカコ) https://youtu.be/xD86vHQ9KP8
  6. Juliet (ダイナマイトしゃかりきサ~カス) https://youtu.be/hYpIPs5aaXg
  7. One Good Reason (Sooners) https://youtu.be/BkQRUB0VjGo

中休み:

  • 手話べり場 (手話トークショー)

後半のセットリスト:

  1. 雲の切れ間を探しに (3☆COLORS / 西ノ園タツヒロ) https://youtu.be/JuV09e83tqE
  2. 銀河鉄道 (フジモトタカコ) https://youtu.be/PR37Tk5t_q0
  3. Ray Charles (Sooners) https://youtu.be/mEHzOvsJnIQ
  4. My Life (ダイナマイトしゃかりきサ~カス) https://youtu.be/MjHFwlJkyZ0
  5. 夢花火 (Sooners) https://youtu.be/Ef12sWvqC6M
  6. F= (Sooners)
  7. Music Sign (Music Sign / Sooners)

アンコール:

  1. 微笑みは涙を超える (ダイナマイトしゃかりきサ~カス) https://youtu.be/EQIK2Az1C7Y

※()内は主にMusic Sign 以外でも歌っている人。youtubeの動画が見つかったら、貼り付けてみた。

宣伝のフライヤーやガイドでは、剛さんと亜希子さんを手話と表現したが、実際には、他の出演者も、自己紹介は手話だったし、楽器で手の塞がっていないDSCのメンバーは、かなりの比率で手話を使っていた。剛さんを中心にメインボーカルにした手話で歌う感じになっていた。ちょっと目が慣れてきたのか、一人一人に手話のカラーがあるなと思った。話すときの声にそれぞれ個性があるのと同じように感じた。

手話べり場で印象に残った話は、剛さんは、客席でろう者の人が手話で話していると、思わず目がそっちへ行って聞いてしまい(見てしまい)、気が散ってしまうことがあるらしい。つまり、客先でおしゃべりをしていて、気が散ってしまうのと同じ状態になるとのこと。

場所が違えば、イベントの客層も変わる。千葉と東京ではそんなに離れていないので、私のような、お馴染みさんだけではなく、きららホールでイベントがあると来る人、地元のろう者の方たち、手話サークルの人たち。特に私の近くの席に座っていた手話サークルの人たちは、普段、自分たちの使っている手話とは別なものと感じていたようだった。

関連リンク:

2018年2月11日 (日)

11/17 '17 STRATEGY Vol.5

スモグラのライブで新宿Marzへ。このライブハウスは、やっぱり、音がいいし、対バンも面白い。

中に入ると、ループを活用しながらエレキギターで歌っている人が居た。後で、調べたら、アナンさんだったらしい。「夜のクラック」という曲が耳に残った。ちょっと調べてみたら、動画が見つかった。

続いてchelovek. (チェラビェーク)。バンド名のchelovek. はロシア語で、「人間」、「人々」を意味するらしい。男性ボーカル(ギターまたは鍵盤)、ベース、ドラムの3人構成。歌だけではなくインストの曲もあった。「これから一番頭の悪い曲をやります」っと演奏したり、なんか楽しそうな感じだった。この日から発馬になったGOODSもあった。

次はnica。サックス、キーボード、ドラム、ベース、ギター、女性ボーカル、男性コーラスのバンド。「滲んだ」、「neon」(?)が耳に耳に残った。歌詞を大事にしている感じがした。「滲んだ」はmvがあるようなので、貼っておく。

長い棒でライトの角度を調整、薄い幕を通して、音合わせをしているメンバーの様子が見える。ガツンとくる予感。

SMOKY & THE SUGAR GLIDER。セットリスト

  1. スペクトル
  2. Brand new world
  3. blindness
  4. グラビティーガール
  5. 息をして
  6. universe

トリは。弱虫倶楽部。ギター、キーボード、ベース、ドラム、男性ボーカルはDJとギターを担当(?)。スモグラが終わったので、気を抜いて聴いていたが、全体的にイイ感じでチャンスがあれば、もう一度見たいと思った。「狐ドライブ」がやたらと耳に残った。

関連リンク:

弱虫倶楽部 / nica / SMOKY & THE SUGAR GLIDER / chelovek. / アナン

2018年2月 7日 (水)

11/12 '17 18:00 『やまねまりな』@下北沢 Lown

夕方、下北沢lownに移動。山根麻理奈さんのワンマンライブ。この日は、youtubeで7208133でやった曲もやるよっていってた。

ギターもガットギターとフォークギターを使い分けていた。

恒例の今月の誕生日を祝う hahaha Happy birthday ! では11月生まれの人は、一人だけ、私だけだった。

11月は比較的、生まれる人の多い月だったように記憶していたのだが…。去年は11月に行けなかったから、わからないけど、一昨年は、何人か居たような…。

セットリストには、動画のリンクも入れてみました。

  1. スタートライン (「空な色」収録) 
    ( PV: https://youtu.be/dsD8PsvMaDA )
  2. 風になる
    ( 7208133時代のカバー: https://youtu.be/dnXfabVxg3s )
  3. ラズベリー (「山根万理奈とマリナッチ楽団」収録) 
    ( ストライクカンパニー版 https://www.youtube.com/watch?v=lGtAuxnTCvM )
  4. あたしの気持ち (「好きで悩んでいるわけじゃない」収録) 
    ( 7208133時代のオリジナル: https://www.youtube.com/watch?v=1uotoz8G0cw )
  5. Hahaha! Happy birthday  (「歌って Happy!」収録)
    ( イオン松江インストア: https://youtu.be/CeyiZnIhRU0
  6. BOMB ! BYE ! YEAH !  (「YAMANEMAN」収録)
    ( MV: https://youtu.be/9MRPoOYQ40I )
  7. ひこうき雲
    ( 7208133時代のカバー https://youtu.be/3hf4S9bFG5M )

  8. ( 7208133時代のカバー https://youtu.be/4_LM-JrewOg
  9. 抱きしめたい
    ( 7208133時代のカバー https://youtu.be/Onw3NNsfI9M )
  10. 筋肉痛 (高校生のときに作った曲。2015年12月のLown以来か?(^^♪)
  11. Understand
    ( 7208133時代のカバー https://youtu.be/-nECGs4WktI )
  12. 会いたい
    ( 7208133時代のカバー https://youtu.be/-nECGs4WktI )
  13. 歌に形はないけれど (「人のオンガクを笑うな」収録)
    ( 山音まー https://youtu.be/KqfCbHFwq7o )
  14. 君を好きになったんだろう (「好きで悩んでいるわけじゃない」収録)
    ( MV: https://youtu.be/GdPEkopby9I )
  15. 奇跡なんかじゃない (「山根万理奈とマリナッチ楽団」収録)

アンコール:

  1. 歌ってhappy! (「歌って Happy!」収録)
    ( MV: https://youtu.be/givf_N7I07Q )

関連リンク:

2018年2月 6日 (火)

11/12 '17 12:30 芽亜利・J バースデーワンマンLIVE Nostalgia

毎年恒例の芽亜利・Jさんのバースデーワンマンに行った。今年は去年に引き続き原宿ラドンナだった。

BPS20171229_0001BPS20171229_0002BPS20171229_0003

ライブが始まる前にしっかりとした食事をしつつ、顔見知りの人たちと話しながら、開演時間を待った。

フライヤーに「1000人でうちな~るスマイルを歌おう」。「うちな~るスマイル」が発表されてからもう10年になるらしい。

11月生まれの人にはちょっとしたプレゼントがあるということで、受付まで行くと、小さな袋に入ったお菓子をもらった。

その件について11月生まれの知り合いと話していたら、さらに別なお菓子をもらった。受付にバイトの若い子。小学生の頃に、1度あったかもしれない。

オリジナルの開演前のアナウンスの後、まもなく開演。

ステージにバンドメンバー。声だけ聴こえる芽亜利・Jさん。

出演アーティスト:

芽亜利・J(Vo.Pf)、鶴野美香(Pf)、瀬戸尚幸(Ba)、谷純児(Ds)、Masatsugu Ishihara (Gt)

セットリスト (第一部)

  1. ラストダンスは私に(カバー)
  2. さかな
  3. つぼみ
  4. 花曇り
  5. 18の春に
  6. 君のつぶやき(原曲: Elton John "Your Song")
  7. 紫の絵の女
  8. Aqua
  9. ネガティブ

セットリスト(第二部)

  1. Break out (原曲: Swing Out Sister)
  2. ケセラセラ(カバー)
  3. エンドロール
  4. ポパイは草食系
  5. ポパイ
  6. うちな~るスマイル

アンコール:

  1. Be happy!

今回はサックスの披露もあり、今年も去年も11月の誕生日を祝った人たちに会うことができた。

この後は用事があったので、すぐに帰ったが、どうやら、打ち上げで、久しぶりの人に会うチャンスを逃していたらしい。やはり、スケジュールには、余裕が必要。

関連リンク:

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »