無料ブログはココログ

ヒサ絵

2017年2月 8日 (水)

2/3 ‘17 急遽過ぎてすみません!チャイナスクエア弾き語りワンマン

20:00からのライブだったが、諸般の事情で 20:10ごろに井荻チャイナスクエアに到着。もうライブが始まっていたので入り口で1曲終わるまで待つことにした。ドアの向こうから聞こえるヒサ絵さんの歌声、「恋のまま」を歌っている。二人組がおしゃべりをしながら通る。「今日は何やってるんだろ、『ヒサ絵』って書いてある。この子がでているんだ…」。この店、意外に宣伝効果あるな…。拍手で一区切りついたので中に入る。今日はTさんではなかった。フードメニューは間に合わない時間なので、例によってビールと鴨ロースを頼んだ。そんな中で聴いたヒサ絵さんの弾き語りライブ。前半のセットリスト:

  1. 恋のまま(このまま)
  2. 恋なんて
  3. 嘘つきな宝石箱
  4. わすれもの
  5. 蛇heavy baby
  6. 夕立豪雨
  7. ムネノナカノカイブツ

久し振りに聴く「蛇heavy baby」の弾き語りのスローバージョン。続いての「夕立豪雨」、「ムネノナカノカイブツ」とドラマチックな展開で前半が終了。

ここで、一休み。ビールを頼もうとして手を挙げると、ちょうど、ヒサ絵さんが楽屋から出てきて前を通ったところ「あたし?」と言ってほほ笑んだ。

少しの準備時間のあと、後半のライブ開始。後半のセットリスト:

  1. 星が繋ぐ明日
  2. ワガママナミダ
  3. 僕に魔法が使えたら
  4. 金色の糸
  5. 10月19日
  6. 陽だまりの中で
  7. 祈り

「僕に魔法が使えたら」を作ったときのエピソードを聞いた。ペットショップで足の悪い犬に「0円」の値札が付いていたこと、その時に歌詞を思いついた曲らしい。しかし、イメージは曲を聴いた人のものだから自由に受け取ったかまわないという話をしていた。それにしても、命の値段について考えた。普段はペットを売っているのを見ても何とも思わないのだけれど、「0円」という値札はひどい気がした。商品だからしかたのないことだが。このごろお気に入りの「金色の糸」、そして、かなり久しぶりに聴く「10月19日」。そのまま、彼の人のことを思いながら歌う「陽だまりの中で」。明かりを消して、テーブルのキャンドルの光だけで歌う「祈り」でライブ終了。これで終わるわけもなく、アンコール:

  1. アパート

実は「おしえておくれよ」は楽譜を忘れたので、歌えないと話していたのだが、店内でCDが流れた。その音に合わせて、みんなで歌う。

物販では、この日からTシャツとタオルが売られていた。初めてのグッズらしい。私が次に行くライブは、もうビルボード大阪になる。

関連リンク:

2017年1月31日 (火)

1/18 ‘17 大森真理子/ヒサ絵@新宿navi cafe

久し振りに新宿navi cafeに行った。この日は、大森真理子さんとヒサ絵さん。実は、予約を忘れていて、満席につきキャンセル待ちという状態だった。しかし、私がキャンセル待ちと知っている人が、仕事の都合で行けなくなったので、代わりに私を指名してくれた。普段から世話になっているが、改めて感謝。

この日は、カウンターに座って久しぶりに焼きカレーを食べた。昔よりカレーらしくなった気がした。

ヒサ絵さんは、大森真理子さんからずっと誘いを受けていたけれど、なかなか予定が合わなくてやっと実現したツーマンライブらしい。

二人で短めのライブを前半と後半に分けて行うプログラム。

前半の先行の出演はヒサ絵さん、ギター弾き語り。セットリスト:

  1. 星が繋ぐ明日
  2. 君が想うより
  3. 金色の糸
  4. 陽だまりの中で

前半の後行の出演は大森真理子さん、フルートを吹くシンガーソングライター。サポートピアノは安保一平さん。セットリスト:

  1. snow dome
  2. treasure
  3. おやすみ
  4. 東京Story

BPS20170122_0011

ここで一休み。ヒサ絵さんのスペシャルカクテル「サプライズ」をオーダーした。

後半の先行もヒサ絵さん。セットリスト:

  1. サプライズ
  2. わすれもの
  3. 僕に魔法が使えたら
  4. 祈り

後半の後行、大森真理子さん。セットリスト:

  1. ありがとう
  2. 今日も地球は回る~100年後の君へ~
  3. Abyss
  4. 君とシンパシー
  5. プラネタリウム

最後は、二人でコラボ:

  1. 赤いスイートピー

(なんか、選曲がDramatic Nightっぽくなっている)

この日はなぜか、思いのほか、落ち着いて聴けた。カウンターに座っていたから、食事を作る音や皿を洗う音も聞こえたのだけれど、なぜかそういう音まで心地よく聞こえた。

MCでヒサ絵さんがいつも何かを持ち帰っていって欲しいと思っていると話していた。ライブ後に私の中に残ったものは「金色の糸」の意味を考えること、朝、起きたら「侍」と同じ覚悟で起きることができるかということ。

関連リンク:

2017年1月30日 (月)

1/17 ‘17 クラブパルヘジアAbemaTV FRESH! 『My Special Road』vol.2

井荻チャイナスクエアでネットで生放送している「クラブパルへジアFRESH!」を見に行った。司会は美元智衣さん、ゲストはヒサ絵さんと繭さん。この日はライブもあるが、中華屋の営業はないのでフードメニューはない。ドリンクは注文可能なようだったが、必須ではないようだった。ライブチャージはあり。

生放送しかないとはいえ、番組の内容を語りすぎると、何なので、セットリストを中心に書く。

最初は美元智衣さん:

  1. My Special Road

そして繭さん:

  1. mother

ヒサ絵さん:

  1. わすれもの
  2. 祈り

番組の最後に再び美元智衣さん:

  1. 絵の具箱~Dear My Daddy~

番組の終了後にミニライブ。美元智衣さん:

  1. Song for you~聖なる夜に~

ヒサ絵さん:

  1. 星が繋ぐ明日 (事情によりワンコーラス(^^;) )
  2. 月ニカクレテ

繭さん:

  1. 君はまだ僕のことを知らない

最後は美元智衣さん: (最終的には繭さんとヒサ絵さんを巻き込んでコラボ)

  1. ハッピー★ハッピーバースデー

美元智衣さんのキャラがいい意味で発揮されて楽しかった。

 

関連リンク:

1/16 ‘17 「エロジジイ企画」@井荻チャイナスクエア

月曜日ではあるけれど、やっぱり人が集まっている井荻チャイナスクエア。この日、「エロジジイ企画」。ギタリストの高田慶二さん企画で、サポートは高田さん、ボーカルは美元智衣さんとヒサ絵さん。二人とご一緒したかった、ちょっとエロいことをさせてみたかったらしい。

BPS20170117_0006

前半の出演は美元智衣さん、セットリスト:

  1. 雪空~今 会いたくて~
  2. キスをして
  3. 再出発(はじまり)
  4. prayer
  5. my favorite things (jazzスタンダード) 」
  6. ララララブソング

BPS20170117_0003BPS20170117_0004 

いろいろと、エロいことをやってみようと考えていたが、思ったようには行かなかったとか。美元智衣さんにも、ヒサ絵さんのワンマンの時と同様のやっつけられ方をされていた。いつもの曲に加えてJAZZのスタンダード「my favorite things」が入るあたりは、やっぱり高田さんの企画ならではのことと思った。美元智衣さんがジャズを歌うのは初めて聞いたけれど、いい雰囲気で、かなりよかった。

後半の出演はヒサ絵さん、セットリスト:

  1. 金色の糸
  2. おしえておくれよ
  3. 星が繋ぐ明日
  4. アパート
  5. 冬のひまわり
  6. サプライズ
  7. 不届きな願い
  8. amazing grace → 祈り

「金色の糸」は関東では初披露の新曲。人の心の傷について深く考えさせられる歌詞。「おしえておくれよ」は、もともと井荻チャイナスクエアのマスターへ向けてのバースデイソングだったが、1月はスタッフのTさんの誕生日ということもあり、歌詞を変えて歌った。最後はamazing graceからの「祈り」という初の試み。讃美歌も祈りの曲、ヒサ絵さんの歌声でうまくつながった。

最後は、美元智衣さん、ヒサ絵さんの二人、もちろん高田さんギターで歌った。

  1. moon river

ライブ後、この日も配膳をしていたアルバイト花野(かの)ちゃんからCDを買う。500円だった。

BPS20170117_0002

関連リンク:

2017年1月29日 (日)

1/15 ‘17 『極蜜 其の四~甘い毒に刺されましょう~』東京編

赤坂グラフィティの入り口にチケット順に整列して並ぶ人たち。別に店の人が整列させたわけではない。そんな状況のよくわかっている人たちが集まっているイベント「極蜜」の東京編。小川エリさんとヒサ絵さんが着物で歌うイベント。

o0480068513844185644(←小川エリさんのサイトから借用)

中に入ると、綺麗な和布で作られた花道、ステージには、いつものように和布だけでなく正月らしく凧も飾り付けられていた。

久し振りに赤坂グラフィティのステージ前に白いスクリーンが降りた(昔は、来月のライブ予告の映像がよく流れていた)。そして、鎌倉の町を初詣している風の小川エリさんとヒサ絵さんの映像。you tubeの宣伝動画とは内容が違う。

↓ちなみにこれが宣伝動画。

https://youtu.be/bmZMTk1Nayk

この日のサポートはギターに佐藤数馬さん、ピアノに中田朝子さんの二人が入った。佐藤数馬さんは甚兵衛を着るのは寒いので下にヒートテックを着ていたとか、中田朝子さんも、着物姿、とはいっても邪魔にならない普段着風の着物。

↓ちなみに、前日(1月14日)の二人のラジオ(オープニングで翌日のライブについて触れている)。

http://ameblo.jp/asakonakata/entry-12237950737.html

前半の出演はヒサ絵さん。普段は弾き語りだが、この日はハンドマイクで歌う。

  1. 蛇heavy baby
  2. 恋のドロボー3210!
  3. ワガママナミダ
  4. 童神(カバー)
  5. サプライズ
  6. 不届きな願い
  7. 祈り

「蛇heavy baby」、「恋のドロボー3210!」は、弾き語りでは、なかなか聞けない期待通りの選曲。今回は珍しくカバー沖縄の血が少し入っているというエピソードを交えて「童神(わらべがみ)」を歌った。花道を通りながら歌う「サプライズ」では予定通り人が撃たれた。今回はギターとピアノも前回よりも磨きがかかっていて、特に「サプライズ」のような激しい曲だけでなく、「不届きな願い」など耳に残った。

後半は小川エリさんのライブ。セットリスト:

  1. 大阪の女やさかい
  2. 商売繫盛諸行無常
  3. 金魚ちゃん
  4. 恋しい人恋し
  5. 秘蜜
  6. 桜の蕾
  7. ノクターン

BPS20170129_0001BPS20170129_0002

番傘を持って歌う姿は極蜜ならではの演出。全部ハンドマイクで行くかと思ったら、「金魚ちゃん」あたりからギターを弾きながら歌った。「金魚ちゃん」は去年、大阪で聞き逃した曲なので、やっと聴けてうれしかった。金魚と着物イメージは重なる。佐藤数馬さんのディスりも健在。多少の問題発言もあったが…。

アンコールの拍手。そして、最後はヒサ絵さんと小川エリさんでカバー:

  1. なごり雪

今回もあっという間、次は2月11日に名古屋でもやるらしい。

関連リンク:

2017年1月 8日 (日)

12/22 ‘16 True Colors Album vol.3リリース記念ミニライブ&特典会

事情により、タワーレコード渋谷店に19時ぴったりぐらいに到着。この日、「True Colors Album vol.3」の正式なリリース日、記念ミニライブ&特典会があった。

BPS20161227_0001

到着したときは、ちょうどヒサ絵さんが歌っているところだった。セットリスト:

  1. アオノソラ
  2. わすれもの
  3. 不届きな願い

大丈夫かというぐらい、誰かさんの写真修正疑惑に関して言及するヒサ絵さん、誰もが感じていたことを口にしていた(^^;)

2番目、繭さん:

  1. 世界の輪を広げよう
  2. 心優しくなれる人(**)
  3. 君はまだ僕のことを知らない(**)

因みに、ここまで、二人とも、「True Colors vol.3」の収録曲は歌っていない。

3番目、美元智衣さん:

  1. ララララブソング(*)
  2. Crystal wish
  3. prayer(*)

ここでやっと美元智衣さんが収録曲(*)を歌う。

ここで、休憩。

2ステージ目、最初は美元智衣さん:

  1. 願い雪
  2. キスをして(*)

ここで、オケが流れないというトラブルが発生、美元智衣さんのiPhoneを音源にして解決。なぜか、CD-Rが読めなくなっていた。

もう下手にCDを使わないほうが安全かもしれない。

繭さん:

  1. 桜、奏でるきみへ(**)
  2. 明日の夢 (*)
  3. 君はまだ僕のことを知らない(**)

繭さんは、この日、最新アルバム「君はまだ僕のことを知らない(**)」のリリース記念も兼ねていた。

ヒサ絵さん:

  1. わすれもの
  2. 陽だまりの中で
  3. 祈り

インストアライブということもあり、少しざわざわした環境であったけれど、静けさを感じた。久しぶりにオケで歌う「祈り」もいいと思った。

関連リンク:

12/21 ‘16 True Colors Album vol.3リリース記念ライブ @井荻チャイナスクエア

この日は平日だが、昼間に「ららぽーと立川立飛」で発売イベントがあった。さすがに行けなかったが、「True Colors Album vol.3リリース記念ライブ」があったので、井荻チャイナスクエアに行った。定時退社日ではあったが、それほど早く井荻に到着できるわけもなく、ご飯のオーダー時間が終わっていたので、この日もビールと鴨ロースをオーダーした。

BPS20161227_0012

最初に出演はヒサ絵さん、オーダーの関係でライブの開始が遅れて、30分ぐらいヒサ絵さんのトークライブになった。ある意味レアなライブになった。この日、ギター弾き語り。セットリスト:

  1. 星が繋ぐ明日
  2. コンナ朝ニ
  3. わすれもの
  4. 教えておくれよ
  5. アパート
  6. 陽だまりの中で
  7. 祈り

BPS20161227_0010BPS20161227_0009 

 

2番目の出演は繭さん、ピアノ弾き語り。セットリスト:

  1. まぶしい笑顔
  2. 花(?)
  3. 愛に泣く
  4. 明日の夢
  5. 君はまだ僕のことを知らない

BPS20161227_0006

最近発売になった「君はまだ僕のことを知らない」が印象に残った。

トリは美元智衣さん。セットリスト:

  1. キスをして
  2. 漆黒の光
  3. prayer
  4. 栗色の涙(?)
  5. 再出発(たびだち)
  6. ララララブソング

BPS20161227_0004BPS20161227_0005

「true colors vol.3」に収録されている初めて関西弁で歌詞を書いたという「ララララブソング」がなかなか耳から離れない。ここで終われずにアンコール:

  1. happy birthday

関連リンク:

2016年12月10日 (土)

12/4 ‘16 19:00 DRAMATIC NIGHT special -ヒサ絵クリスマスライブ【夜の部】-

少し時間が早かったが、板橋『ファイト!』へ行った。まるでプロレスでもやりそうな名前の店だったが、行ってみたら、きれいなライブカフェだった。店の前に公園があったので、少し休んだ。あたりは、もう暗くなっていたけれど、遊んでいる親子がわりと多かった。ヒサ絵さんの昼と夜のライブがあった。昼は明香音さんとツーマン。夜はヒサ絵さんのワンマン。昼は、ずっと前から予定が入っていたので、夜だけ参加した。

BPS20161208_0001

時間になったので中に入った。それにしても、知り合いの比率が高い。大阪から来た人、たぶん、スタッフが全員いるから店を閉めてきた人、いつもの関東組。まもなく、クリスマス色の高い衣装でヒサ絵さんが登場。ヒサ絵さん自身はクリスマスなんかどうでもいい人らしいのだけれど、こんな格好で言っても説得力がないと自分に突っ込みを入れていた。セットリスト:

  1. 月ニカクレテ
  2. 夕立豪雨
  3. サイレン
  4. 恋のまま(このまま)
  5. 恋なんて
  6. ワガママナミダ
  7. 教えておくれよ
  8. 夕焼けグッバイ
  9. 10月19日
  10. 陽だまりの中で
  11. 星がつなぐ明日
  12. 祈り

月見ルに居た影響度で最初に「月ニカクレテ」を聴いたときは、ちょっとだけ、はっとした。いつか、月見ルにでることもあるだろうか。ワンマンだけのことはあって、久しぶりに聴く曲や、CDやDVDでは聴いたことがあるけれど、ライブでは初めて聴く曲もあった。「恋のまま」は「このまま」と読ませるらしい。名古屋から遠征してきた人に教えてもらった。チャイナスクエア限定と思われていた「教えておくれよ」も板橋ファイト!のマスターの許可をとってから歌った。唯一のコール&レスポンスがある曲。後半はキャンドルライトで歌う。やはり、ヒサ絵さんの曲は、暗いところで、じっくりと聞きたい。プラネタリウムで歌うのもありかなっと思った。

「祈り」を歌って、ライブが終わった後、アンコールの拍手。アンコール:

  1. 不届きな願い

関連リンク:

2016年11月26日 (土)

11/11 '16 佐伯佑佳企画ライブ「ゆかのもり vol.3」

二日続けて赤坂グラフィティ。佐伯佑佳さんの企画ライブ「ゆかのもり vol.3」。森には何度か、迷い込んだことがあったけれど、企画ライブは初めてだった。

BPS20161112_0001

オリジナルの場内アナウンスの後、ワインレッドのマント(またはフード)を被った女性がステージに上る。覆いを外すと、佐伯佑佳さんがステージに登場。「Forest」、「泣かないで」などを歌った後、今日はありがとうございましたと、お客さんの一人に花を渡す。その後、背中に羽が生えたギターを持った人が現れた流しの妖精さんだった。おっさんだった。500円で一曲歌った。この格好で一番歌ってほしくないと思われる曲「嫁に来ないか」を歌って去っていった。「今日はいろんな妖精さんに会いそうだなあ」と伏線。その後、酔っ払いの男女二人が現れる。一升瓶を持ったまま千鳥足風に歩いてきて、1曲歌った帰った。場内に「帝国のマーチ(ダースベイダーのテーマ)」が流れて不穏な空気になる。黒いマントの女性が現れる。「ここはヒサの森じゃないんですか?」、「ここはゆかの森です」、「ここがあのオヤジが餌食になる『ゆかのもり』…」「…セリフにない」などのやり取りの後、1曲歌うに際し、3000円ほど、要求、なぜか会場から5000円ぐらい集まり、無事に「わすれもの」を歌い黒いマントの魔女は去っていった。この後、「太陽と月」を歌って、前半のライブが終了。

ちょっと休憩をはさんで、ライブ後半。再び、佐伯佑佳さんが登場。サポートギター:中畑丈治さん、サポートパーッカション:春里晋平さんで歌う。

  1. きみの言葉
  2. 樹海

相変わらず、黒いマント(黒い魔女?)のヒサ絵さんが登場。珍しく、立ったまま、ギターストラップで歌う。セットリスト:

  1. 祈り (ヒサ絵)
  2. あの子になりたい(ヒサ絵×佐伯佑佳)
  3. やってらんない (佐伯佑佳×ヒサ絵)

BPS20161112_0006BPS20161112_0007

「あの子になりたい」と「やってらんない」は佐伯佑佳さんとヒサ絵さんの二人で歌った。「あの子になりたい」はヒサ絵さんの曲、「やってらんない」は佐伯佑佳さんの曲。二人で歌う「やってらんない」は、迫力があった。

ヒサ絵さんの後は、さとうGOさんが登場。セットリスト:

  1. お見合い大作戦 (さとうGO)
  2. 理由(わけ)の名前 (佐伯佑佳×さとうGO)
  3. クリスマス海峡 (さとうGO×佐伯佑佳)

「お見合い大作戦」は、田舎へお見合いに行く女性の気持ちを歌った新曲かつ長編の曲。「理由の名前」は佐伯佑佳さんの曲をさとうGOさんと二人で。そして世界で唯一といわれるクリスマス演歌ソング「クリスマス海峡」を佐伯佑佳さんと歌う。このイベントでは常連のさとうGOさんとのデュエットは息が合っていた。私は初めて見たのだけれど、youtubeに動画が上がっているところを見ると、わりと二人で歌っているのかもしれない。

続いて、saikaさん(ピアノ弾き語り)の登場。ギターサポート:辻村崇さん。セットリスト(たぶん、あまり正確ではない):

  1. Love Story (saika)
  2. 愛 (saika × 佐伯佑佳)
  3. Century Plant (佐伯佑佳 × saika)

BPS20161112_0005

11月27日にワンマンを控えているsaikaさんは禁酒中。酔っ払いは演技(当たり前だが)。サポートの辻村さんは飲んでいた。佐伯さんとsaikaさんは井荻チャイナスクエアであったらしい。私自身は、saikaさんの存在をこのライブで知った。佐伯佑佳さんと「century plant」もよかった。

再び、佐伯佑佳さんのステージ。セットリスト:

  1. 飲んだくれの歌
  2. アイスクリームになりたい

アンコール:

  1. こんな星がきれいな夜は(新曲)

フィナーレは全員で:

  1. Happy Sunday~君と私と時々幸せ~

関連情報:

2016年11月15日 (火)

11/10 '16 西の天然水、関西歌姫の集い~DRAMATIC NIGHT VOL.165~

職場からは近いが仕事の終わりが遅く、赤坂グラフィティに着いたのは、さすらい二郎さんが挨拶を始めているころだった。まもなく若林美樹さんのライブが始まり、席を決められずに居たら、ヒサ絵さんにそこが空いてるよと教えられて素直に座った。この日、さすらい二郎さん企画Dramatic Night vol165「西の天然水、関西歌姫の集い」、関西の女性ボーカルのイベント。

BPS20161111_0001BPS20161111_0002

関連情報:

最初の出演は、若林美樹さん、ピアノ・コーラス担当: 吉川知里さん、セットリスト:

  1. TEPPEN
  2. 日々のうた
  3. 告白
  4. OCEAN BLUE
  5. あかいひ

BPS20161111_0003BPS20161111_0007

この後、関西の重鎮が続きますとコメントしつつ元気に「TEPPEN」から歌い始めた。「日々のうた」では間奏でKazooを吹いていた。この頃、某ライブで個人的にKazooを使うので音だけでなく金属製のKazooに反応してしまった。「告白」を聴いたぐらいから、気持ちが完全に仕事状態からライブを聴きにしました状態に切り替わった。奈良には海がないけれど、海を想像して作ったという「OCEAN BLUE」でいろんなものを振り回して、再び盛り上がった後、最後は「あかいひ」で静かに終わる。

関連情報:

2番目の出演は、美元智衣さん。セットリスト:

  1. 君と過ごした季節(シーズン)
  2. わたしの花
  3. 再出発(はじまり)
  4. There is here…(?)
  5. アイシテル

BPS20161111_0010BPS20161111_0011 

この日は、基本的に、オケで歌っていたのだけれど、「再出発(はじまり)」はピアノ弾き語りだった。美元智衣さんのピアノ弾き語りを見たのは初めてだったけれど、いい雰囲気がでていた。この日は、関西の歌姫たちとの共演がうれしかったのか、なんだか、ちょっと上機嫌だった気がする。MC中に、グラフィティの事務所でなっている電話のベルに「はーい」と応えていたのが、なんか可愛らしかった。

関連情報:

3番目の出演は南紗椰さん、ピアノ弾き語り。ギターサポート:佐藤数馬。

  1. 宇宙列車
  2. SADY
  3. 真夏のララバイ
  4. apricot

BPS20161111_0016

初めて聴いたとき「宇宙列車」を聴いて印象が強かったせいか、この曲を聴いたときに、ああ久し振りに南紗椰さんを聴いたと思った。「祭」は初めて来たけれど、今までに無かった感じが面白い。8日間連続のライブの最終日だったという南紗椰さん。南紗椰さんに限らず、ライブの予定がびっちりな人が今回の出演者には多いなと思う。ヒサ絵さんと共演したときに、服を貸した話が、後で少々波紋を呼んでいた。なんか刈り上げ女事件を彷彿させる。最後の曲「apricot」のスピード感が好き。

関連情報:

トリはヒサ絵さん、ギター弾き語り。セットリスト:

  1. 星がつなぐ明日
  2. わすれもの
  3. サプライズ(ギターサポート:佐藤数馬)
  4. 月ニカクレテ。(ギターサポート:佐藤数馬)
  5. 陽だまりの中で
  6. 祈り

BPS20161111_0013BPS20161111_0014

南紗椰さんから服を貸してもらった時の話を受けて、なんでみんなそんなにコワイ人みたいにいうんやと、冗談めかして話すヒサ絵さん。ただ、このとき、いつもと話しのテンポが少し違うなと感じた。静かに「星がつなぐ明日」と「わすれもの」の後にギターに佐藤数馬さんを迎えてハンドマイクで「サプライズ」を歌う。数馬さんは、この日もサポート予定ではなかったようだが、ヒサ絵さんと対バンになるときは、対応可能なように準備しているという話だった。続いて「月ニカクレテ」もサポート。『君は泣いてるの?何が悲しいの』このフレーズが耳に残る。MCで先日、ヒサ絵さんの歌をいつも褒めてくれていた人が亡くなったことを話す。そして今は亡き人のことを歌った曲「陽だまりの中で」を歌う。最後の曲は「祈り」。さすがに感情を抑えられなくなったのか、いつもとは違う歌い方になっていた。このことを批判していた人も居たようだけれど、アーティストは、そういうことがあってもいいと私は考えている。特にシンガーソングライターというのは、もともと自分の気持ちを言葉にしているのだから。

アンコールの拍手の後、全員を招き入れて、フィナーレ。まだちょっとだけ感情が高ぶっているヒサ絵さんに、お母さんのように言葉をかけている美元智衣さん、この二人は、やっぱり仲良しなんだなと思う。

さすらい二郎さんが、みんなに感想を聴いた後、ギター:佐藤数馬さん、バイオリン:向江陽子さんのサポートでフィナーレ:

  1. ひとかけらの純情(南沙織)

実は、転換の間に、ずっと南沙織の曲がかかっていた。やっぱ、ここらへんの選曲かと期待通り。南紗椰さんに南沙織さんの曲を歌わせたかったとか、冗談なのか本気なのかわからないことを後で聞いた。

関連情報:

BPS20161111_0012BPS20161111_0015

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2m&m | 3☆COLORS | 815-ハチイチゴ- | A for-Real_ | ALLaNHiLLZ | an | AndRE | Annu | Ano Yoko | aro | asCent | Asiah | ave | AYUMI | blossom | BlueBlue | Can'no | Cana | cha-bean | chinatsu | CHiYO | Choro | Cokuri | Colors to cooks | Cyan | Dai-Go!-Low | Dr.Art | Dramatic Night | dying bird | emie | Fluera Maki | furani | Gekkan Tsubasa Live | Gibara Attack | grassbird | hannah honeybee | Hiro | I LOVE TOKYO | I nou vory | i.o | Isao | isinglass | Japan Folk Festival | Jiminy Cricket | kae | kaho* | Kanon the spice | kasumi | Kayo | Kazu(ドラム&カホン、パーカッション) | Kazue | kurumi | Laco | Leaf room 豪徳寺 | live wire live | LONO | Lunakate | maayo | Macoron | mag | MAGENTA RODEO | marina | Marine bottle another story | meeco | Miina | Mikoto | Mint Julep | MISSIW | Mogami | Music Vox 公開収録 | N.U. | nakanoまる | NECO★ | Neo-Zonk | niruno | nora | nostalgic-scopes | ONE GOOD REASON | opuchi misin | Party7 | PEKO | Pororoca Lindo | rails-tereo | Response | Retro Note | riry*mona | Ro-mio | rojide | RojoAla(ろじお) | rose | Ru.us | Ryo Yoshinaga_ | sachi. | Saika | Sammy(パーカッショニスト) | Singin' mama | slow drama | SOLZICK | Sooners | Soshi | sparkling☆cherry | sWan(バンド) | Tahnya | TAM | Thalassa | THE JUL'S | THE LED SNAIL | The Naoki | The Sirens | TOMOO | TONEAYU | toricolore | totorabo | TOWER OF MUSIC | Tressa Yokohama | TSMusic | tugumi | U (UsusU) | UN-JAMI | unconditional love | utaco. | Valuemusic | VOLOMUSIKS_ | walking down by low | Walking Radio | Watana Besta SOCIAL club | Winry Rock Bell | Yasmin | yukky* | YuReeNa | Yurica | yuuka | あえか | あお | あずままどか | いいくぼさおり | いいじゃんかわさき | いさご通りまちかどミュージック | いしはらとしひろ | いちろう16 | いろは。 | いわべけんじ | うたとめし | うつぼ | えぴ | えりのあ | おおはた雄一 | おお雨 | おつかれーず | かさね | かわうそ | かわしん広場ステージ | ききまたく | きしのりこ | くりすあすか | こまごめわいわいホール | さぁさ | さとうGO | さとう麻衣 | しなだゆかり | しゃみとなでしこ | じゅりあ | すぎぼう | すとう舞 | すわじゅんこ | せりかな | そばや de ライブ | たきざわさとみ | たちばな通り 庁舎前広場 | だいじゅ | だいぶ、やっちゃいます | ちょっキんず | てつろう | なかむらしょーこ | なかむらまきこ | なかもとゆか | なっちゃん | にゅわん | のぐち | のら馬たち | はらかなこ | はるのまい | ひなたなほこ | ひびき | びゅーちふるず | ふわ(o・v・o)ライブ | まり子 | まるみ | みどりこ | み~さ&まいまい | むらかみけいこ | むらかみ・F・けいこ | やまだせんろ | やもとなおこ | ゆうパークおごせ | ゆん(ex 箪笥ボーイ) | らじるし | れい | アキオカマサコ | アキドリ | アクリルスタッブ | アサダマオ | アスナル金山 | アンソニー | アースバウンド | イオン高槻店 | イクラ | イダセイコ | イナダミホ(From sinkirow) | イラスト | ウニクス鴻巣 | ウルルJUN | エビタイガー | オガワマユ | カケラバンク | カツマーレー | カドゆうた | カナミネケイタロウ | カヨコ | カワミツサヤカ | キクチタケシ | キッサコ | キュウ | キョロザワールド | クイーンズスクエア横浜 | クサノ ヒロミ | クボフミト | グイットーネ | コスマス・カピッツア | ササキオサム | サラ・テ・ロロコ | サルーキ= | ザ♂ゴージャシックス | シミズリエ | シューホナミ | スモーキースナフキン | ズータンズ | セクシィ&ラブスナイパーズ | ソウムニカ | タイムドーム明石 | タカハシコウスケ | タケイタケル | ダイナマイトしゃかりきサーカス | チャンベビ | チャーリー坂本 | ツヅリ・ヅグリ | トミタショウゴ | トリ音 | ナダカナナミ | ノグチサトシ | ハイハイ4!! | ハセガワ ミヤコ | ハッカドロップス | バクザン | バムクーヘン | ヒグチアイ | ヒサ絵 | ヒメノアキラ | ピロシキアンサンブル | フカマチカズマサ | フジタカズキ | フジモトタカコ | フラット フラミンゴ | プティ's ジャンベカーニバル | プレ葉ウォーク浜北 | ヘルメッツ | ボ沢セバスチャン | マガラニカ | マキアダチ | マスキー | マリエ | マリンボトル | ミキコ | ミューザ川崎ゲートプラザライブ | ヤマハ銀座スタジオ | ユカリエ | ヨースケ@HOME | ララガーデン春日部 | ルシオーレ | レディースデーシリーズ | レレエモア | 三ヶ尻愛美 | 三木あずさ | 三浦剛 | 三軒茶屋 grape fruit moon | 上保美香子 | 上前津Music Bar BOB | 上村叶恵 | 上田敦美 | 上野まな | 上野野外音楽堂 | 下北沢 BAR? CCO | 下北沢 Half Moon Hall | 下北沢 lete | 下北沢 Lown | 下北沢 Seed Ship | 下北沢440 | 下北沢GARAGE | 下北沢LOFT | 下落合カフェクースタ | 世手子 | 中前りおん | 中島優 | 中川樹海 | 中牟田俊男 | 中田朝子 | 中畑丈治 | 中西桃華 | 中野斗愛 | 二子玉川 Pink noise | 二村佳代子 | 二足のサンダル | 井出匠 | 井荻チャイナスクエア | 京橋セブンデイズ | 人形町サロンゴカフェ | 仁平智子 | 今井里歩 | 今泉沙友里 | 代々木 ARTICA feat.遊 | 代々木Boogaloo | 代々木公園 | 代々木原シゲル | 代々木金魚カフェ | 代官山LOOP | 代官山NOMAD | 仲本友香 | 伊勢佐木町 CROSS STREET | 伊勢原ビストロ豆穂 | 伊藤さくら | 伊藤サチコ | 伊藤久美子 | 伊藤寛之 | 佐々木かの | 佐伯佑佳 | 佐合井マリ子 | 佐藤ひろこ | 佐藤ゆみ | 佐藤大介 | 佐藤数馬 | 佐藤竹善 | 佐野まゆみ | 保刈あかね | 倉島勲 | 優希 | 元住吉POWERS2 | 元村りか | 光上せあら | 光美-terumi- | 入日茜 | 八月真澄 | 八木亜由美 | 八王子ふらっとん | 六本木morph-tokyo | 六本木Splash | 刈川圭祐 | 初台Doors | 初音 | 前田有加里 | 加藤聡 | 加那 | 北参道STROBE CAFE | 北参道ストロボカフェ | 北川友紀 | 北村優希 | 北村瞳 | 北澤コイチーズ | 千佐都 | 千駄木 角ぱんカフェ | 南條ゆういち | 南紗椰 | 南青山マンダラ | 厚木 | 原宿KDDIデザイニングスタジオ | 原宿アストロホール | 原宿ラドンナ | 古屋かおり | 古賀小由実 | 吉崎硝子 | 吉村かおり | 吉田宏志 | 吉祥寺MANDA-LA2 | 吉祥寺Planet-K | 吉祥寺Star pine's cafe | 向江陽子 | 和泉まみ | 和田有隆_ | 和角一樹 | 唄芸 | 四谷 Doppo | 四谷天窓 | 四谷天窓.comfort | 図師たまみ | 坂本タクヤ | 坂本美雨 | 坂本麗衣 | 城所葵 | 堤谷直子 | 増田起也 | 夕夏 | 外苑前 Z.Imagine | 大和ハギンズビー | 大塚welcome back!! | 大塚雄士 | 大森真理子 | 大江純 | 大町奈津子 | 大野賢治 | 天田優子 (ex joy) | 奥華子 | 如月愛里 | 安本美緒 | 安部たかのり | 安里麻紀 | 宮屋敷ゆう | 宮川真衣 | 宮林愛美 | 宮良彩子 | 宿河原ポトス | 小川エリ | 小川徹 | 小川謙司 | 小平加奈 | 小林さや | 小林健二 | 小林未季 | 小林未郁 | 小玉しのぶ | 小玉哲也 | 小田急相模原 School of rock | 小野ゆかり | 小野亜里沙 | 尼崎BLANTON | 山下雄平 | 山中友紀子 | 山口進 | 山崎あおい | 山崎竜 | 山本かおり | 山本圭介 | 山本慎太郎 | 山本紗綺 | 山根万理奈 | 山根哲彦 | 山瀬亜子 | 山田兎 | 山田庵巳 | 岡田淳 | 岡田茜 | 岩崎けんいち | 岩間渉 | 嶋雄大 | 川口キャバリーノ | 川合鉄平 | 川崎銀座街バスカーライブ | 川崎駅前 | 川越かなえ | 工藤江里菜 | 市川セカイ | 幡ヶ谷 36°5 | 平井里奈 | 平塚L-WORDS | 広島綾子 | 康友_ | 廻田彩夏 | 引田香織 | 御影クラッセ | 御茶ノ水 Kakado | 恵比寿天窓.switch | 惣菜bar ぺけひゃく倶楽部(神戸市灘区) | 愛未(三姿舞) | 成瀬クロップ | 戸城佳南江 | 戸川まな | 押谷沙希 | 拝郷メイコ | 斉藤利奈 | 斉藤利菜 | 斉藤哲也 | 斉藤恵 | 斉藤麻里 | 斎藤渉 | 新大久保quarter note | 新大久保quarternote | 新宿 Glamstein | 新宿navi cafe | 新宿SACT! | 新宿カールモール | 新宿御苑前レストランパペラ | 新宿白龍館 | 新横浜BELL'S | 新橋おかげや | 新谷昌代 | 族音二重奏 | 日比谷野外大音楽堂 | 明香音 | 春里晋平 | 晴田悠加 | 暮部拓哉 | 曙橋iCafe | 月刊ノマド | 月島社会教育会館 | 有坂ともよ | 木下直子 | 木村千草 | 未来圭 | 朱里乃 | 杉原由規奈 | 杉山結香 | 杉村結香 | 杉浦琢雄 | 杉瀬陽子 | 村上紗由里 | 村上通 | 村岡広司 | 村男 | 東京タワー Club333 | 東川亜希子 | 東新宿 真昼の月 夜の太陽 | 東木瞳 | 東郷祐佳 | 松下しげき | 松井恵子 | 松井絵里奈 | 松千 | 松尾優 | 松岡里果 | 松本菜々美 | 松澤春菜 | 板橋ファイト! | 林ももこ | 柏Thumb Up | 柏駅東口前広場 | 柳本しほり | 梶有紀子 | 椛島恵美 | 楓奈(ふうな) | 楠在音 | 楠橋かおり | 横浜baysis | 横浜BBストリート | 横浜O-Site | 横浜スタジアム | 横浜マリンタワー | 横浜ランドマークホール | 横田悠二 | 横田良子 | 樹-itsuki- | 橋爪もも | 橋田北斗 | 橘亜耶 | 櫻木まり | 歌娘 | 歌心 | 武村麻実 | 武蔵小杉 そばや あさひ | 武蔵小杉Throb | 武蔵新城カフェハット | 歳星 | 氏家麻衣 | 江古田マーキー | 池之幡Qui | 池袋鈴ん小屋 | 河井杏林 | 河相我聞 | 河野智行 | 河野暁子 | 泉沙世子 | 洋輝( ex TOKYO SICKS) | 浅井茉美 | 浅羽由紀 | 浜野誠 | 海月光 | 海老名ビナウォーク | 海藤あいか | 清水雄一郎 | 渋谷 CBGKシブゲキ | 渋谷 eggman | 渋谷 Loop Annex | 渋谷 Milkyway | 渋谷 Ruido K2 | 渋谷 TAKE OFF 7 | 渋谷 Wasted Time | 渋谷 七面鳥 | 渋谷7th Floor | 渋谷APIA | 渋谷Aube | 渋谷BOXX | 渋谷Gee-ge | 渋谷Guest | 渋谷Guilty | 渋谷O-Crest | 渋谷O-East | 渋谷O-West | 渋谷SongLines | 渋谷Soul Smooth Cafe | 渋谷めぐみ | 渋谷タワーレコード | 渋谷チェルシーホテル | 渋谷マウントレーニアホール・プレジャープレジャー | 渋谷公園通りクラッシクス | 渋谷区総合文化センター大和田 | 渋谷多作 | 渕上里奈 | 渡辺ヒロコ | 湘南台文化センター | 潮崎ひろの | 瀬川あやか | 片岡百合 | 片瀬江ノ島・虎丸座 | 牛玖舞 | 牧野公美 | 狛江Add9th | 王子サンスクエア | 瑠愛 | 田中栞理 | 田口悠希_ | 田口慎二 | 田宮俊彦 | 由來 | 町田Act | 町田westVox | 畑中摩美 | 畑崎大樹 | 白雪初姫 | 百瀬あざみ | 百色シネマ | 的野祥子 | 相模大野アコパ | 相沢梨紗 | 真昼の月夜の太陽 | 矢野あいみ | 石垣隆太 | 石川ヨナ | 磯裕子 | 神山みさ | 神戸あかり | 神戸ハーバーランド | 神田莉緒香 | 福山沙織 | 福田翔子 | 秋葉原PAGODA | 稲城グリーンワールドカフェ | 立川アレアレア | 立石純子 | 竹仲絵里 | 竹澤汀 | 笠間洋平 | 篠木晋也 | 絢音 | 絵仁 | 絵梨めろん | 織田智朗(おだともあき)_ | 織里原洋子 | | 美元智衣 | 美音 | 美馬雅世 | 羽純 | 聞間拓 | 自由が丘女神祭り | 臼井嗣人 | 舞子 | 舞戸亜美 | 花枝聖 | 花菜 | 芳賀義彦 | 芸能・アイドル | 芽亜利・J | 若林美樹 | 茅ヶ崎 UTTA Pang! Pang! | 荒川ゆかり | 菅野恵 | 葵ミシェル_ | 蒲田温泉 | 蓮音まゆ | 藍風くじら | 藤原右裕 | 藤原奈津美 | 藤本大祐 | 藤森愛 | 表参道FAB | 表参道青山アイビーホール | 西ノ園達大 | 西健志 | 西村加奈 | 西村奈央 | 西村理恵 | 見田村千晴 | 角刈りデートクラブ | | 詩-uta- | 諫山実生 | 谷口深雪 | 赤坂BLITZ | 赤坂L@N | 赤坂ふらっとん | 赤坂グラフィティ | 辻村崇 | 辻詩音 | 辻香織 | 近藤薫 | 追い風 | 連連連つなごう川崎 | 進藤克己 | 遥奈 | 郁彩 | 都竹宏樹 | 酒井ヒロキ | 里地帰 | 里実さと | 野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ | 金沢文庫Road and Sky | 鈴ん子屋 | 鈴木あい | 鈴木初音 | 鈴木友美 | 鈴木友里絵 | 鈴木知美 | 鈴音 | 銀座 音楽ビアプラザ ライオン | 銀座Miiya Cafe | 鎌田瑞輝 | 長谷川きよし | 長谷川直樹 | 阿佐ヶ谷Yellow vision | 阿部実 | 難波Cellar Bar Kent | 青山 RizM | 青山月見ル君想フ | 音♪交差点 | 音夢食堂 | 音楽 | 音霊 | 風来直 | 飯田橋RAMLA | 飯田舞 | 高円寺 楽や | 高円寺Mission's | 高円寺Stax Fred | 高円寺U-hA | 高尾彩佳 | 高橋あすか | 高水春菜 | 高田リオン | 高田慶二 | 高田梢枝 | 高田馬場 JET ROBOT | 高田馬場 音楽室DX | 高田馬場Club Phase | 鵠沼海岸 海の家 くまざわやさん | 黒川沙良 | 黒木美和子 | 黒沢まりさ | 黒澤まどか | 黒葛原りつ | 齋藤俊一