無料ブログはココログ

三浦剛

2018年4月23日 (月)

12/17 '17 13:00 ティアーズライン@池袋サンシャイン劇場

三浦剛さんがMusic Signで配っていたフライヤーで本業であるとキャラメルボックスのお芝居で「ティアーズライン」に出演することを知った。前から行きたいと思っていたので、今度は見に行くと心に決めて、何とか見に行った。私の場合、音楽のほうのライブのスケジュールをたくさん入れ過ぎていて調整が難しい。

公演のほぼギリギリのタイミングでチケットを入手した。池袋サンシャイン劇場の2階席に歩いて上った。

開演のタイミングで、舞台にから観覧中の注意があった。なかなか細かくて参考になる。休み時間はないので、水分補給はどうするかとか、ちょっと面白めの解説があった。

内容はオリジナルストーリーなので、あまり詳しく書くのはまずそうなので、箇条書き:

  • 予告のフライヤーでは、映画「恋人はゴースト」(マーク・ウォーターズ監督)を母と息子にしてみるとどうなるかという話が書いてあったが、それを読んで頭の中に浮かんだイメージとは違っていた。思い返してみると、短い間に随分と色々な要素が詰まっていた。主人公と恋人が電話で話すシーンは、後で思い返すと違う意味で泣ける。

  • 一人一人のキャラクターが滲み出ていた。映画やテレビドラマでは、たぶんここまではできない。これが舞台の醍醐味というものだろうか?メインのストーリーラインには直接つながらなくても、一人一人のストーリーが空想できて楽しかった。

  • 殺人代行業というのが、新聞の3行広告に載っていそうだった。ホントにあったら怖いけど。

  • 三浦剛さんの役、鶴形直樹は、いわゆるお坊ちゃんを守る実直な男だった。迫力のアクションシーン。やっぱり、こういうのは前の席で見るべきものだなと思った。フィナーレで全員で踊るシーンを見たときも、そう思ったし、SNSで拡散してくださいと撮影タイムもあったのだけれど、遠すぎて、スマホではいい写真が撮れなかった。

本編とは関係ないけれど…

  • この日、12月17日は、鮎川晴也役の多田直人さんの30歳の誕生日で、舞台上でお祝いがあった。

  • 次回作『夏への扉』の宣伝で『ティアーズライン』で調査員を演じた人たちが情報を入手して報告するという形式の短いお芝居があった。

    • 個人的には部類のビール好きの三浦剛さんに缶ビールを上げたらすぐに口を割りましたというネタが面白かった。

    • 『夏への扉』R.A.ハインラインの中で一番好きな作品なのだけれど、結局、仕事が忙しくて、この公演を見ることが出来なかった。

    • この他に過去の公演でケストナーの『飛ぶ教室』をやっていたことにも気付いた。脚本の成井豊さんと趣味が似ているのかな?同じケストナーの『ふたりのロッテ』は、劇団四季がよくやっていたけど、『飛ぶ教室』はキャラメルボックスだけのはず。

演劇もライブの音楽と同じで、その時しか見ることができない。また見に行きたい。

関連リンク:

2018年2月16日 (金)

11/18 '17 手話ソングライブ Music Sign~言葉と歌を繋ぐ架け橋~

Music Sign があるので千葉県船橋市のきららホールへ行った。このホールは市の施設。京成船橋駅とJR船橋の間にある駅ビルの上の階にある。市外の人にはちょっと、わかりにくい。チケットの申し込みも電話かFAXということで、1か月前に電話で予約した後、チケットを取りに行った。他にも方法があったが、船橋は家からあまり遠くないし、場所も確認したかった。結果的には、出演者に取り置きを頼んでも大丈夫だったようだけど…。

BPS20171229_0002BPS20171229_0003

中に入ると、舞台にスクリーンがあって色々な説明が字幕で表示された。ろう者の方々への配慮と思われる。なんども、Music Sign へは行っているが、字幕が出たのは初めてだった。

この日の出演は、三浦剛さん、忍足亜希子さん、宣伝のフライヤーでは、手話は、この二人ということになっていた。そして、SOONERS、ダイナマイトしゃかりきサ~カス、フジモトタカコさん。

前半のセットリスト:

  1. Music Circle (ALLanHiLLZ / Sooners ) https://youtu.be/IBDWU6v9kS0
  2. In the making (Sooners) https://youtu.be/PwAk0coJj4Q
  3. 雨上がり虹の花 (フジモトタカコ) https://youtu.be/1k2oOpTHil8
  4. おふたりさま (ダイナマイトしゃかりきサ~カス) https://youtu.be/raJBgU072uI
  5. 風邪と花火 (フジモトタカコ) https://youtu.be/xD86vHQ9KP8
  6. Juliet (ダイナマイトしゃかりきサ~カス) https://youtu.be/hYpIPs5aaXg
  7. One Good Reason (Sooners) https://youtu.be/BkQRUB0VjGo

中休み:

  • 手話べり場 (手話トークショー)

後半のセットリスト:

  1. 雲の切れ間を探しに (3☆COLORS / 西ノ園タツヒロ) https://youtu.be/JuV09e83tqE
  2. 銀河鉄道 (フジモトタカコ) https://youtu.be/PR37Tk5t_q0
  3. Ray Charles (Sooners) https://youtu.be/mEHzOvsJnIQ
  4. My Life (ダイナマイトしゃかりきサ~カス) https://youtu.be/MjHFwlJkyZ0
  5. 夢花火 (Sooners) https://youtu.be/Ef12sWvqC6M
  6. F= (Sooners)
  7. Music Sign (Music Sign / Sooners)

アンコール:

  1. 微笑みは涙を超える (ダイナマイトしゃかりきサ~カス) https://youtu.be/EQIK2Az1C7Y

※()内は主にMusic Sign 以外でも歌っている人。youtubeの動画が見つかったら、貼り付けてみた。

宣伝のフライヤーやガイドでは、剛さんと亜希子さんを手話と表現したが、実際には、他の出演者も、自己紹介は手話だったし、楽器で手の塞がっていないDSCのメンバーは、かなりの比率で手話を使っていた。剛さんを中心にメインボーカルにした手話で歌う感じになっていた。ちょっと目が慣れてきたのか、一人一人に手話のカラーがあるなと思った。話すときの声にそれぞれ個性があるのと同じように感じた。

手話べり場で印象に残った話は、剛さんは、客席でろう者の人が手話で話していると、思わず目がそっちへ行って聞いてしまい(見てしまい)、気が散ってしまうことがあるらしい。つまり、客先でおしゃべりをしていて、気が散ってしまうのと同じ状態になるとのこと。

場所が違えば、イベントの客層も変わる。千葉と東京ではそんなに離れていないので、私のような、お馴染みさんだけではなく、きららホールでイベントがあると来る人、地元のろう者の方たち、手話サークルの人たち。特に私の近くの席に座っていた手話サークルの人たちは、普段、自分たちの使っている手話とは別なものと感じていたようだった。

関連リンク:

2017年12月10日 (日)

10/15 '17 三浦剛 presents【Music Sign vol.9 東京公演 〜手話ソングライブ〜】

西馬込の駅から降りて10分ぐらい、住宅街にある雑居ビルにBlue nude studioがあった。この日は、三浦剛さん企画のMusic Sign。手話パフォーマンスは三浦剛さん、SoonersとALLanHillZ。Blue Nude Studioは小さめの会場なので限定35名。ステージもあまり大きくはないので、5人の男がステージに揃うと、後ろでカホンを叩いているSoonersのガジャGの姿が見えにくかった。ステージは前半と後半に分かれていた。後半は、なぜか、スタッフに勧められて茄子の着ぐるみでガジャG登場。カホンが叩きにくいということで、途中で脱いだ。細かいセットリストはないけれど、演奏した曲は、大雑把にこんな感じだったかな?

  • Music circle
  • いつ何時何分何秒
  • 夢花火
  • Cocoro
  • In the making
  • はじまりの町
  • サマーオブラブ
  • ウィスキーブルース
  • Tsubasa
  • Music SIGN
  • One Good reason

ライブ後にPA卓に割と知っている人が居たことに気付く。この日だけ手伝ったらしい。

前日、ALLaNHiLLZの故郷の長野県佐久市でMusic Circle tour があった。どうやら、佐久市から移動してきた人もいたようだった。

作詞・作曲も手掛ける彼らのライブを故郷で聴くことは、普段とは違う何かを感じることがあっただろうなと思った。

それは、松江で山根万理奈さんのライブを見たときに感じたことだった。本当に何にもないのかもしれないけれど、佐久市に行くのもいいかと思った。

関連リンク:

2017年5月30日 (火)

5/2 ‘17 『三浦剛 PRESENTS Music Sign vol.7 ~手話ソングライブ~』

どうやら、バスのほうが早いと気が付き、職場から碑文谷のAPIA40へ。この日は「Music Sign Vol.7」だが、いつもとは少し違う。Music Circle のツアーで、東名阪を回ってきた、三浦剛さん、Sooners、ALLanHillZのツアーファイナルという意味合いもある。ALLanHillZはMusic Signでは初出演になる。

3組の出演とはいえ、三浦剛さんは、ずっとステージで手話パフォーマンスをしているし、 SoonersやALLanHillZのメンバーも入れ替わり立ち代わりで出演する。ハッキリと誰かの出番がまとめてあるという感じではなかった。そんな中、前半のセットリスト:

  1. Music Circle
  2. 風呂やさん(?)
  3. In the making
  4. 柴犬ピートの歌
  5. Summer of Love
  6. ロケットロード
  7. ココロココカラ

 

「柴犬ピートの歌」で使った犬の耳は前回よりもより柴犬に近くなった(笑)。前回、ライブを見たお客さんが、用意してくれたらしい。

ここで休憩を挟んで、後半のセットリスト:

  1. レイ・チャールズ
  2. band on the road
  3. today and tomorrow
  4. 夢花火
  5. はじまりの街
  6. (即興)
  7. ハレルヤ
  8. Fire
  9. Music Sign

そしてアンコールはやっぱり:

  1. One Good Reason

だんだんと三浦剛さんの好きな手話のフレーズが増えていく。もうお馴染みになった「夢花火」のときの手話でのかけ声。 「レイ・チャールズ」で見せる表情(手話というよりも演技だけど)。ALLanHillZの即興の曲にいつの間にか三浦剛さんの手も動いているという、ここ数日の間に手に入れた呼吸のようなものも伝わってきた。

ライブ後は、例によって飲んだ。翌日が休みなので少し遅くまで飲んだ。

関連リンク:

2017年5月11日 (木)

4/21 ‘17 SPRING TOUR 【MUSIC CIRCLE vol.1】東京公演@人形町サロンゴカフェ

久し振りに、人形町サロンゴカフェに行った。ALLanHillZ、Sooners そして手話パフォーマーの三浦剛さんのライブ、「MUSIC CIRCLE Vol.1」。この日から、東京を皮切りに、名古屋、大阪へと続く。

ライブのとっかかりは、全員で「Music Circle」を歌う。ツアーのタイトルにもなっている「MUSIC CIRCLE」はSoonersが提供した曲。ALLanHillZでは定番の曲。Soonersでもセルフカバーとして歌っている。「ロケットロード」の後は、 ALLanHillZのステージ「いつどこで何時何分」、「声」などの昔から歌っている曲、その場の雰囲気に合わせて作る即興の曲。ライブで即興をやるシンガーソングライターは多い。しかし、ALLanHillZ場合は、匠さんが歌って、それに合わせて、匡さんがギターを弾くという、コンビプレー。こういうのはあまり見ない。「はじまりの街」でALLanHillZのコーナーは、いったん終了し、Soonersの出番。この後、いろいろと忙しくてセットリストは作っていないのだが、休憩中も奥のカウンターからALLanHillZの二人が歌う声が聞こえた。休憩と云いながら、十分に歌っていた。今回、遅めにサロンゴカフェ入りして、カウンターの前の席に座った。そのせいでカウンターの中の騒ぎもはっきり聞こえて、この場所もいいかなと思った。

ライブ後半は、お酒も回っていたし、メモも取っていなかったので、あまり書けない。

家からまあまあ近いせいもあって、ライブ後はしっかりと飲んだくれた。

関連リンク:

2017年2月 5日 (日)

1/26 ‘17 手話ライブ「MUSIC SIGN」新年会 2日目

手話パフォーマーの三浦剛さん企画「MUSIC SIGN」の新年会が人形町サロンゴカフェで2日間あった。2日とも行きたいところだったが、25日は前から予定が入っていたので、2日目の26日のみ出席。この日は、ゲストでフジモトタカコさんが来る予定だったけれど、インフルエンザのためにお休み。急遽、ダイナマイトしゃかりきサーカスの3人が来てくれた。

BPS20170202_0002BPS20170202_0003

じっと大きめのステージでやってきた「MUSIC SIGN」だったが、今回は最小の規模。本当はもっと小さなところで回を重ねてから大きなところでやる予定だったらしいが、順番が逆になったという話だった。

そんなわけで、サロンゴカフェは満員。早速のSoonersと三浦剛さんのパフォーマンス。Soonersはギターとパーカッションで歌う。三浦剛さんは、その横で手話で伝える。小さなところで近いステージで見ると三浦剛さんの表情がよく見えるのが素晴らしい。「夢花火」のように速い動きをして、打者がでてきるところなんかもカッコよくて好きなのだけれど、「レイ・チャールズ」のように、ほとんど表情だけで表現するところもよかった。MCで手話は表情と手の動きでセットなのだと三浦剛さんが話していたのがよくわかる。

ゲストのダイナマイトしゃかりきサーカスのステージも久し振りに見た。横では三浦剛さんの手話パフォーマンス。「My Life」、「Juliet」。今回、忍足亜希子さんも来ていたがステージで微笑みながら見ていた。「Life」という手話は2通りあるのだけれど、違うほうをやっていたという指摘もあり。ダイナマイトしゃかりきサーカスは2月11日に15周年記念ライブがある。15周年なのでチケットは1500円、当日は15000円(ご祝儀価格)とか…

BPS20170202_0001

ライブには、わりと子供たちを連れてくるSoonersと三浦剛さん、しかし、MUSIC SIGNでは、初めて。今回、二日間のうち、1日を家族の枠にしたようで、同じ年齢層の子供たちがたくさんいて、いい意味で賑やかだった。

次の手話ライブは2月26日に船橋:

その次のMUSIC SIGN Vol.6は東名阪の3公演。

関連リンク:

2016年9月24日 (土)

8/28 ’16 CORONA SUNSETS HOUR!@中野フットニック

中野フットニックは公園の中にあるパブだった。その向こうに大学のキャンパス。外で飲食できる席はあったが、ステージは外。雨が降って来たので、予定を変更して中野フットニックの前に移動してライブを開始。何だか雨の中、機材を移動する姿は昔、桜木町でストリートライブをやっていたことを思い出させた。

開始前にCORONAを飲んで気合を入れる。このところ Soonersがずっと出演しているイベント『CORONA SUNSETS HOUR!』。中野にはキリンビール株式会社があって、フットニックの外にある席もキリンビールのテントだった。そんな中でCORONAを売りまくるというシチュエーション。

この日はギターサポートに芳賀義彦さん、三浦剛さんも手話パフォーマンスで入った。西ノ園達大さんも姿を見せて、結果的にパフォーマンスに参加。その後、なんかやれと見に来ていた井出匡さん(From ALLaNHiLLZ)がギター一本で即興で歌った。その場で見た情景を歌ったものだったが妙に染みるものがあった。

こんな雨の日でなければ、もっと人が集まりそう場所だったが、こんな雨の日でなければ味わうことのできないライブだった。ライブ前も飲み、ライブ中も飲んでいたので、細かい記憶はないのだが、心地よかった感覚だけは残っている。で、ライブ後にも飲んでしまった。

関連リンク:

2016年6月30日 (木)

6/26 ‘16 CORONA SUNSETS HOUR in 下落合カフェクースタ

天気のいい日曜日の昼下がり、JR高田馬場駅で降りて15分ほど、下落合まで歩いた。少し早く着いたので近所の公園で一休み、目的の場所カフェクースタへ歩いていくと、Sooners御一行様に会ってあいさつ。そのまま店に入る。

この日、CORONA SUN SETS HOURでSoonersが歌う。既にコロナビールのイベントで歌うというよりも、週に何回かSoonersが歌っているコロナビールのイベント。日曜日の昼にやるのは珍しい。時間も空いているし、ギターの芳賀義彦さんも、手話パフォーマーの三浦剛さんも出る。

店は半分はオープンカフェになっているけれど、ステージとなる場所は、ミーティングルームのような広いスペースだった。どうもこのスペースは、普段は隣接している特別養護老人ホームの敷地らしい。奥にテーブルと椅子があってご高齢の方も見ていた。

繰り返すがコロナビールのイベントで、最初は1本、コロナを頼んだのだが、そのうちバケツに氷を入れて何本もコロナが出てくる状態。大人たちは飲みながらステージに聞き入り、関係者だけでなく、もともとお客さんで来ていた子供たちも混じって元気に遊んでいた。カフェの横がちょっとしたスペースになっていて、いい遊び場になっていた。

私の好きなお馴染みSoonersのナンバーも聞けたけれど、CORONA SUN SETS HOURのテーマソングを初めて聞いた。普通に飲みに来ていた酒屋さんに大うけでアンコールもあった。ステージが広いので、お客さんとの距離がちょっとある。そんなせいか、後半はギターを持ってカホンをもって演奏しながら店の中を歩き回った。ギターはよくあるけど、カホンを持って叩きながら歩くガジャGの姿は目に焼き付く。ちょっと離れていたので見えなかったけれど、芳賀さんも厨房で歌った。

三浦さんの手話パフォーマンスも冴える。普段から「夢花火」のような早い曲を手話で伝えるのもすごいと思うけど、圭一さんの無茶ぶりで、初めて聞いた曲も手話パフォーマンス。その初めて聞いた曲というのが、「グランマ」だった。これは、圭一さんがいつも自分の歌を聴いてくれていたお婆ちゃんのことを歌った曲だった。予定にはなかったが、奥のほうで聴いているお婆ちゃんたちを見て歌いたくなったようだった。

三浦剛さんの居酒屋で使える手話講座もあり、チューハイの注文の仕方、応用編でハイボール、生ビール、瓶ビール、「缶ビールは?」という質問があり、会場に居た奥様に手話で確認した風景がほほえましかった。

客席の端っこでは、初めてあった子供たちが喧嘩して、仲直りして、友達になってというドラマが展開していた。まだ、0歳の子供を連れている夫妻が居て、3歳から5歳ぐらいまでの子供に囲まれていた。

後で、奥のほうにいたノリノリで聴いていたお婆ちゃんの一人が100歳だったと聞いた。「0歳から100歳の人まで、みんな楽しめていたね」と語り合う。

普段のライブとは一味違う、リラックスした感じ。

関連リンク:

2016年6月 7日 (火)

6/2 ‘16 Music Sign Vol 4

仕事終わり、渋谷に向かう。「Music Sign Vol4」が「CBGK シブゲキ!!」での公演のため。

Scan20160606073755_001

初めて行く場所かと思ったら、マウントレーニアホールの隣だった。マウントレーニアホールのように中でコーヒーは飲めないけれど、心地よい柔らかな椅子。セットリストは、会場に入るときに渡されていた。

BPS20160602_0001

ステージ開始。3☆COLORSの曲、「雲の切れ間を探して」から始まる。ステージを見ると、西ノ園達大さんがギターを弾きながら、歌っていた。急遽決まったらしい。そのため、ポスターやチケットにはまるでこの件について触れていなかった。ステージの真ん中には三浦剛さんが手話パフォーマンス。三浦剛さんは歌わず、手話パフォーマンスで歌詞を表現する、それがMusic Sign。補足付きセットリスト:

  1. 「雲の切れ間を探して」(3☆COLORS)
  2. 「IN THE MAKING」(Sooners)
  3. 「Ray Charles」(Sooners)
  4. 「雨上がり虹の花」(フジモトタカコ)
  5. 「風邪と花火」(フジモトタカコ)
  6. 「幸せの木の実」(フジモトタカコ)
    ~手話べり場~
  7. 「おふたりさま」(ダイナマイトしゃかりきサーカス)
  8. 「Juliet」(ダイナマイトしゃかりきサーカス)
  9. 「君を知ってよかった」(ダイナマイトしゃかりきサーカス)
  10. 「Sign」(3☆COLORS)
  11. 「神様がくれたもの」(3☆COLORS)
  12. 「ONE GOOD REASON」(Sooners)
  13. 「夢花火」(Sooners)
  14. 「Music Sign」(イベントのテーマソング)

アンコール

  1. 「Music Wagon」(ダイナマイトしゃかりきサーカス)

「雨上がり虹の花」に関しては、バンド編成で聴いたのはかなり久しぶり。まるで砂漠の雨上がりに咲く花のような迫力のある楽曲になった。「風邪と花火」は三浦剛さんが、少し女性っぽい優しい表情。

ライブの真ん中ぐらいの時間に「手話べり場」と題して色んな手話の話、流行語とか、方言とか、お酒の注文の仕方とか、半年後の忘年会の芸として、例のクリスマスソングのレクチャーもあり。

「juliet」で忍足亜希子(おしなりあきこ)さんと三浦剛さんが共演。噂では聴いていたけれど、初めて見た。後半の見せ場の一つ。

いろいろな思いのこもった「Sign」、もっとも速く手を動かしている「夢花火」を経てラストは「Music Sign」を全員で。そして、アンコールは「Music Wagon」。

関連リンク:

関連広告:

BPS20160602_0008BPS20160602_0004BPS20160602_0007

BPS20160602_0005BPS20160602_0006

BPS20160602_0002BPS20160602_0003

2015年12月13日 (日)

12/8 ‘15 Groovy Circus

どうも忙しくなりそうな雰囲気ではあったが、先週、「MUSIC SIGN Vol.2」で西ノ園さんと話した時に予約してもらった。入ったことはないけれど、場所は知っていた高田馬場 音楽室DX、西ノ園達大さん主催のイベント「Groovy Circus」。

Scan20151204003845_001

2部構成の第1部から出演者ほぼ全員で1曲。全体的に、誰かのコーナーがあって順番にやって行くというよりも、みんながコラボしあいながら進んでいくイベントだった。ただし、それぞれの自分の曲はボーカルになる。

  • Ready Go (Sooners)
  • HANA (Sooners)
  • 霞桜草 (里地帰、二胡弾き語り)
  • 桜飛沫(里地帰、二胡弾き語り)
  • Life is wonderful (西ノ園達大)
  • ライフ・イズ・ビューティフォー(Sooners)

里地帰さんは、いろいろなところでライブをする二胡で歌う旅人、西ノ園さんも芝居の遠征先であったとか、この日も、中国帰りだったらしい。第一部の終わりは西ノ園さんとSoonersの共演で「Life is wonderful」と「ライフ・イズ・ビューティフォー」。途中で、どっちの曲の話か練習中に混じったらしい。「どっちでもできるよ」とピアノの進藤さん。

第2部からは、いきなりのシークレットゲスト。西ノ園さんが「3匹のおっさん」で共演したときに、ドラムを叩ける、ピアノで弾き語りが歌えると知り、呼んだのが河相我聞さん。サンタクロースな姿で現れる。ドラムを披露。

  • デスペラード(河相我聞、ピアノ弾き語り、カーペンターズ「愛は虹色」のカバー)
  • 時の疾風(西ノ園達大、我聞さんドラムで参加)
  • 夢の続き(西ノ園達大)

ここで、また、里地帰さん。MCで斉藤麻里さんと同じ12月7日生まれだと知る。

  • 雷馬(里地帰さん二胡のソロ)
  • 風に吹かれて(?)(タイトル自信なし)

ここでもう一人のシークレットゲスト、三浦剛さんが登場、Soonersと手話パフォーマンスで共演

  • In the making
  • Music Sign

「MUSIC SIGN」は先週のイベントで聴いたばかりだけど、サビの部分でわざと声を出さず、歌を表現するという演出が目を引いた。音が見えた。

最後は全員で演奏:

  • ドミノスマイル(西ノ園達大)

このままで終われず、アンコール。本当は、クリスマスソングはやらない予定だったが、最後に1曲、西ノ園達大さんの曲を歌う:

  • True Prime

関連リンク:

その他のカテゴリー

2m&m | 3☆COLORS | 3丁目カフェ | 815-ハチイチゴ- | A for-Real_ | ALLaNHiLLZ | an | AndRE | Annu | Ano Yoko | APIA40 | aro | asCent | Asiah | ASUKA | ave | AYUMI | blossom | BlueBlue | Can'no | Cana | cha-bean | chinatsu | CHiYO | Choro | Cokuri | Colors to cooks | Cyan | Dai-Go!-Low | Dr.Art | Dramatic Night | dying bird | Egw Eimi | emie | EMPTY KRAFT | Fluera Maki | furani | Gekkan Tsubasa Live | Gibara Attack | girl friends | GIVE ME OW | GO AROUND JAPAN | grassbird | hannah honeybee | Hiro | Hotty & Rhythm | I LOVE TOKYO | I nou vory | i.o | immortal noctiluca | inemuri | Isao | isinglass | Japan Folk Festival | Jiminy Cricket | kae | kaho* | Kanon the spice | kasumi | Kayo | Kazu(ドラム&カホン、パーカッション) | Kazue | KENNEL | kurumi | Laco | Leaf room 豪徳寺 | live wire live | LONO | Lunakate | maayo | Macoron | mag | MAGENTA RODEO | marina | Marine bottle another story | mean's | meeco | MIDNIGHT BOOSTER | Miina | Mikoto | MIMOGY | Mint Julep | MISSIW | Mogami | MUSIC CAFE SO-SO | Music Sign | Music Vox 公開収録 | myunとyayo~ | N.U. | nakanoまる | NECO★ | Neo-Zonk | niruno | nora | nostalgic-scopes | ONE GOOD REASON | opuchi misin | OSC湘南シティ | OTO-NECO | Party7 | PEKO | Pororoca Lindo | rails-tereo | Response | Retro Note | riry*mona | Ro-mio | rojide | RojoAla(ろじお) | rose | Ru.us | Ruca | Ryo Yoshinaga_ | sachi. | Saika | Sammy(パーカッショニスト) | Singin' mama | slow drama | SMOKY & THE SUGAR GLIDER | SOLZICK | Sooners | Soshi | sparkling☆cherry | sWan(バンド) | Synonym | Tahnya | TAM | TAROCY MUSIC | Thalassa | THE JUL'S | THE LED SNAIL | The Naoki | The Sirens | The Soul Klaxon | Tokyo Funky Dolls | TOMOO | TONEAYU | toricolore | totorabo | TOWER OF MUSIC | Tressa Yokohama | TSMusic | tugumi | U (UsusU) | UN-JAMI | unconditional love | utaco. | Valuemusic | vi-ta & haruo yamanaka_ | VOLOMUSIKS_ | walking down by low | Walking Radio | Watana Besta SOCIAL club | Winry Rock Bell | Wire:D | Yasmin | YukariRoja_ | yukky* | YuReeNa | Yurica | yuuka | ZARAME一味 | Ø ELEMENTS | あえか | あお | あずままどか | あべさとえ | いいくぼさおり | いいじゃんかわさき | いがらしめぐみ | いさご通りまちかどミュージック | いしはらとしひろ | いちろう16 | いろは。 | いわべけんじ | うたとめし | うつぼ | えぴ | えりのあ | おおはた雄一 | おお雨 | おつかれーず | かさね | かわうそ | かわしん広場ステージ | ききまたく | きしのりこ | きららホール | くりすあすか | こまごめわいわいホール | さぁさ | さいとうりょうじ | さとうGO | さとう麻衣 | さめざめ | しなだゆかり | しゃみとなでしこ | しらいしりょうこ | じゅりあ | すぎぼう | すとう舞 | すわじゅんこ | せりかな | そばや de ライブ | たきざわさとみ | たちばな通り 庁舎前広場 | たなかゆり | だいじゅ | だいぶ、やっちゃいます | ちょっキんず | てつろう | なかむらしょーこ | なかむらまきこ | なかもとゆか | なっちゃん | にゅわん | のぐち | のむらひとみ | のら馬たち | はらかなこ | はるのまい | ひぐちけい | ひなたなほこ | ひびき | びゅーちふるず | ふわ(o・v・o)ライブ | まり子 | まるみ | みどりこ | みなこめ。 | みのべありさ | み~さ&まいまい | むらかみけいこ | むらかみ・F・けいこ | やまだせんろ | やもとなおこ | ゆうパークおごせ | ゆん(ex 箪笥ボーイ) | らじるし | れい | アキオカマサコ | アキドリ | アクリルスタッブ | アサダマオ | アスナル金山 | アンソニー | アースバウンド | イオン高槻店 | イクラ | イダセイコ | イナダミホ(From sinkirow) | イラスト | ウニクス鴻巣 | ウルルJUN | エビタイガー | オガワマユ | カケラバンク | カツマーレー | カドゆうた | カナミネケイタロウ | カヨコ | カワミツサヤカ | キクチタケシ | キッサコ | キュウ | キョロザワールド | クイーンズスクエア横浜 | クサノ ヒロミ | クボフミト | グイットーネ | コスマス・カピッツア | ササキオサム | サラ・テ・ロロコ | サルパラダイス | サルーキ= | ザ♂ゴージャシックス | シミズリエ | シューホナミ | スモーキースナフキン | ズータンズ | セクシィ&ラブスナイパーズ | ソウムニカ | タイムドーム明石 | タカハシコウスケ | タケイタケル | ダイナマイトしゃかりきサーカス | チャイナエクスプレス杏花園 | チャンベビ | チャーリー坂本 | ツヅリ・ヅグリ | トミタショウゴ | トリ音 | ナダカナナミ | ノグチサトシ | ハイハイ4!! | ハセガワ ミヤコ | ハッカドロップス | バクザン | バムクーヘン | ヒグチアイ | ヒサ絵 | ヒメノアキラ | ビルボード大阪 | ピロシキアンサンブル | フカマチカズマサ | フジタカズキ | フジモトタカコ | フラット フラミンゴ | プティ's ジャンベカーニバル | プレ葉ウォーク浜北 | ヘルメッツ | ベクトル・ユーゴ | ボ沢セバスチャン | マイケルジャクトン(Miyabishi Sumida) | マガラニカ | マキアダチ | マスキー | マリエ | マリンボトル | ミキコ | ミューザ川崎ゲートプラザライブ | ミーワムーラ | ヤマハ銀座スタジオ | ユカリエ | ヨースケ@HOME | ララガーデン春日部 | ルシオーレ | レディースデーシリーズ | レレエモア | 三ヶ尻愛美 | 三木あずさ | 三浦剛 | 三軒茶屋 grape fruit moon | 上保美香子 | 上前津Music Bar BOB | 上村叶恵 | 上田敦美 | 上野の森キリスト教会 | 上野まな | 上野野外音楽堂 | 下北沢 BAR? CCO | 下北沢 Half Moon Hall | 下北沢 lete | 下北沢 Lown | 下北沢 Seed Ship | 下北沢440 | 下北沢GARAGE | 下北沢LiveHolic | 下北沢LOFT | 下落合カフェクースタ | 世手子 | 世莉奈 | 中前りおん | 中島優 | 中嶋ユキノ | 中川樹海 | 中川謙太郎 | 中村千尋 | 中牟田俊男 | 中田朝子 | 中畑丈治 | 中西桃華 | 中野斗愛 | 二子玉川 Pink noise | 二村佳代子 | 二足のサンダル | 井出匠 | 井荻チャイナスクエア | 京橋セブンデイズ | 人形町サロンゴカフェ | 仁平智子 | 今井里歩 | 今泉沙友里 | 代々木 ARTICA feat.遊 | 代々木Boogaloo | 代々木公園 | 代々木原シゲル | 代々木金魚カフェ | 代官山LOOP | 代官山NOMAD | 仲本友香 | 伊勢佐木町 CROSS STREET | 伊勢原ビストロ豆穂 | 伊禮恵 | 伊藤さくら | 伊藤サチコ | 伊藤久美子 | 伊藤寛之 | 佐々木かの | 佐伯佑佳 | 佐合井マリ子 | 佐藤ひろこ | 佐藤ゆみ | 佐藤大介 | 佐藤数馬 | 佐藤竹善 | 佐野まゆみ | 保刈あかね | 倉島勲 | 優希 | 優菜 | 元住吉POWERS2 | 元村りか | 光上せあら | 光美-terumi- | 入日茜 | 八月真澄 | 八木亜由美 | 八王子ふらっとん | 六本木morph-tokyo | 六本木Splash | 刈川圭祐 | 初台Doors | 初音 | 前田有加里 | 加藤聡 | 加那 | 北参道STROBE CAFE | 北参道ストロボカフェ | 北川友紀 | 北村優希 | 北村瞳 | 北澤コイチーズ | 千佐都 | 千駄木 角ぱんカフェ | 南條ゆういち | 南紗椰 | 南青山マンダラ | 厚木 | 原宿KDDIデザイニングスタジオ | 原宿アストロホール | 原宿クロコダイル | 原宿ラドンナ | 古屋かおり | 古賀小由実 | 吉崎硝子 | 吉村かおり | 吉田宏志 | 吉祥寺MANDA-LA2 | 吉祥寺Planet-K | 吉祥寺Star pine's cafe | 向江陽子 | 和泉まみ | 和田有隆_ | 和角一樹 | 唄芸 | 四谷 Doppo | 四谷天窓 | 四谷天窓.comfort | 図師たまみ | 国分寺GiveHearts | 坂本タクヤ | 坂本美雨 | 坂本麗衣 | 城所葵 | 堀尾和孝 | 堤谷直子 | 増田起也 | 夕夏 | 外苑前 Z.Imagine | 大和ハギンズビー | 大塚welcome back!! | 大塚雄士 | 大曽根クルール | 大森真理子 | 大江純 | 大町奈津子 | 大石由梨香 | 大野賢治 | 天田優子 (ex joy) | 奥華子 | 如月愛里 | 安本美緒 | 安部たかのり | 安里麻紀 | 宮屋敷ゆう | 宮崎薫 | 宮川真衣 | 宮林愛美 | 宮良彩子 | 宿河原ポトス | 小川エリ | 小川徹 | 小川謙司 | 小平加奈 | 小林さや | 小林健二 | 小林未季 | 小林未郁 | 小玉しのぶ | 小玉哲也 | 小田急相模原 School of rock | 小野ゆかり | 小野亜里沙 | 尼崎BLANTON | 山下雄平 | 山中友紀子 | 山口進 | 山崎あおい | 山崎竜 | 山本かおり | 山本圭介 | 山本慎太郎 | 山本紗綺 | 山根万理奈 | 山根哲彦 | 山瀬亜子 | 山田兎 | 山田庵巳 | 山谷結 | 岡田淳 | 岡田茜 | 岩下直人 | 岩井明日海 | 岩崎けんいち | 岩間渉 | 嶋雄大 | 川口キャバリーノ | 川合鉄平 | 川崎銀座街バスカーライブ | 川崎駅前 | 川越かなえ | 工藤江里菜 | 市川セカイ | 幡ヶ谷 36°5 | 平井里奈 | 平塚L-WORDS | 平野里沙 | 広島綾子 | 康友_ | 廻田彩夏 | 引田香織 | 弦詞人 | 御影クラッセ | 御茶ノ水 Kakado | 忍足亜希子 | 恵比寿天窓.switch | 惣菜bar ぺけひゃく倶楽部(神戸市灘区) | 愛scream | 愛未(三姿舞) | 成瀬クロップ | 戸城佳南江 | 戸川まな | 押谷沙希 | 拝郷メイコ | 斉藤利奈 | 斉藤利菜 | 斉藤哲也 | 斉藤恵 | 斉藤慶 | 斉藤麻里 | 斎藤渉 | 新大久保quarter note | 新大久保quarternote | 新宿 Glamstein | 新宿Live Freak | 新宿Marz | 新宿navi cafe | 新宿SACT! | 新宿カールモール | 新宿御苑前レストランパペラ | 新宿白龍館 | 新横浜BELL'S | 新橋おかげや | 新谷昌代 | 族音二重奏 | 日比谷野外大音楽堂 | 明香音 | 春里晋平 | 晴田悠加 | 暮部拓哉 | 曙橋iCafe | 月刊ノマド | 月島社会教育会館 | 有坂ともよ | 朝香智子 | 木下直子 | 木村千草 | 未来圭 | 朱里乃 | 杉原由規奈 | 杉山結香 | 杉本ラララ | 杉村結香 | 杉浦琢雄 | 杉瀬陽子 | 村上紗由里 | 村上通 | 村岡広司 | 村男 | 東京タワー Club333 | 東川亜希子 | 東新宿 真昼の月 夜の太陽 | 東木瞳 | 東潤子 | 東郷祐佳 | 松下しげき | 松井恵子 | 松井絵里奈 | 松千 | 松尾優 | 松岡里果 | 松本菜々美 | 松江市総合文化センタープラバホール | 松澤春菜 | 板橋ファイト! | 林ももこ | 柏Thumb Up | 柏駅東口前広場 | 柳本しほり | 柿沼なつみ | 梅原千也 | 梶有紀子 | 森ゆめな | 椛島恵美 | 楓奈(ふうな) | 楠在音 | 楠橋かおり | 横浜baysis | 横浜BBストリート | 横浜O-Site | 横浜thumbs up | 横浜スタジアム | 横浜マリンタワー | 横浜ランドマークホール | 横田悠二 | 横田良子 | 樹-itsuki- | 橋爪もも | 橋田北斗 | 橘亜耶 | 櫻木まり | 歌娘 | 歌心 | 武村麻実 | 武蔵小杉 そばや あさひ | 武蔵小杉Throb | 武蔵新城カフェハット | 歳星 | 氏家麻衣 | 江古田マーキー | 池之幡Qui | 池袋サンシャイン劇場 | 池袋鈴ん小屋 | 河井杏林 | 河相我聞 | 河野智行 | 河野暁子 | 泉沙世子 | 洋輝 OF THE DEAD | 洋輝( ex TOKYO SICKS) | 浅井茉美 | 浅羽由紀 | 浅草ZINC | 浅草橋ボーノボーノ | 浜野誠 | 海月光 | 海老名ビナウォーク | 海藤あいか | 清水雄一郎 | 渋谷 CBGKシブゲキ | 渋谷 eggman | 渋谷 Loop Annex | 渋谷 Milkyway | 渋谷 Ruido K2 | 渋谷 Star lounge | 渋谷 TAKE OFF 7 | 渋谷 Wasted Time | 渋谷 七面鳥 | 渋谷7th Floor | 渋谷APIA | 渋谷Aube | 渋谷BOXX | 渋谷Gee-ge | 渋谷Guest | 渋谷Guilty | 渋谷O-Crest | 渋谷O-East | 渋谷O-nest | 渋谷O-West | 渋谷SongLines | 渋谷Soul Smooth Cafe | 渋谷めぐみ | 渋谷タワーレコード | 渋谷チェルシーホテル | 渋谷マウントレーニアホール・プレジャープレジャー | 渋谷公園通りクラッシクス | 渋谷区総合文化センター大和田 | 渋谷多作 | 渕上里奈 | 渡辺ヒロコ | 港北みなも | 湘南台文化センター | 湯野川宏美 | 演劇集団キャラメルボックス | 潮崎ひろの | 澤田かおり | 瀬川あやか | 瀬戸香好美 | 片岡百合 | 片瀬江ノ島・虎丸座 | 牛玖舞 | 牧野公美 | 狛江Add9th | 王子サンスクエア | 玖咲舞 | 瑠愛 | 田中栞理 | 田口悠希_ | 田口慎二 | 田宮俊彦 | 由來 | 町田Act | 町田westVox | 畑中摩美 | 畑崎大樹 | 白雪初姫 | 百瀬あざみ | 百色シネマ | 的野祥子 | 相模大野アコパ | 相沢梨紗 | 真昼の月夜の太陽 | 矢野あいみ | 石垣隆太 | 石川ヨナ | 磯裕子 | 祐里奈 | 神山みさ | 神戸あかり | 神戸ハーバーランド | 神田莉緒香 | 福山沙織 | 福永幸海 | 福田翔子 | 秋山美保 | 秋葉原PAGODA | 稲城Green World Cafe | 稲城グリーンワールドカフェ | 立川アレアレア | 立石純子 | 竹仲絵里 | 竹澤汀 | 笠間洋平 | 篠木晋也 | 絢音 | 絵仁 | 絵梨めろん | 織田智朗(おだともあき)_ | 織里原洋子 | | 美元智衣 | 美音 | 美馬雅世 | 羽純 | 聞間拓 | 自由が丘女神祭り | 臼井嗣人 | 舞子 | 舞戸亜美 | 花枝聖 | 花菜 | 花野 | 芳賀義彦 | 芸能・アイドル | 芽亜利・J | 若林美樹 | 茅ヶ崎 UTTA Pang! Pang! | 荒川ゆかり | 荒木林太郎 | 荒牧リョウ | 菅野恵 | 葵ミシェル_ | 蒲田温泉 | 蓮音まゆ | 藍風くじら | 藤原右裕 | 藤原奈津美 | 藤本大祐 | 藤森愛 | 表参道FAB | 表参道青山アイビーホール | 西ノ園達大 | 西健志 | 西村加奈 | 西村奈央 | 西村理恵 | 西荻窪ARTRION | 西馬込 Blue nude studio | 見田村千晴 | 角刈りデートクラブ | | 詩-uta- | 諫山実生 | 谷口深雪 | 赤坂BLITZ | 赤坂L@N | 赤坂TENJIKU | 赤坂ふらっとん | 赤坂グラフィティ | 辻村崇 | 辻詩音 | 辻香織 | 近藤薫 | 追い風 | 連連連つなごう川崎 | 進藤克己 | 遥奈 | 郁彩 | 都竹宏樹 | 酒井ヒロキ | 里地帰 | 里実さと | 野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ | 金沢文庫Road and Sky | 鈴ん子屋 | 鈴木あい | 鈴木初音 | 鈴木友美 | 鈴木友里絵 | 鈴木知美 | 鈴音 | 銀座 音楽ビアプラザ ライオン | 銀座Miiya Cafe | 鎌田瑞輝 | 長谷川きよし | 長谷川直樹 | 門並明日香 | 阿佐ヶ谷Yellow vision | 阿部実 | 難波Cellar Bar Kent | 雨宮まあ子 | 青山 RizM | 青山月見ル君想フ | 青沼ーズ | 音♪交差点 | 音夢食堂 | 音楽 | 音霊 | 響、 | 風来直 | 飯田橋RAMLA | 飯田舞 | 饗庭純 | 高円寺 楽や | 高円寺Mission's | 高円寺Stax Fred | 高円寺U-hA | 高尾彩佳 | 高橋あすか | 高橋てつや | 高水春菜 | 高田リオン | 高田慶二 | 高田梢枝 | 高田馬場 JET ROBOT | 高田馬場 音楽室DX | 高田馬場Club Phase | 鳥井賀句 | 鴨志田喜久 | 鵠沼海岸 海の家 くまざわやさん | 黒川沙良 | 黒木美和子 | 黒沢まりさ | 黒澤まどか | 黒葛原りつ | 齋藤俊一