無料ブログはココログ

恵比寿天窓.switch

2017年10月12日 (木)

9/10 '17 12:30 八月真澄ワンマンライブ「まだ夏!」

昼から恵比寿天窓.switchで八月真澄さんのライブ行った。

 

この日のサポートバンドはピアノ:鶴野美香さん、ベース:瀬戸尚幸さん、ドラム:宇山満隆さん。

 

会場に行ったら、ちょっと久しぶりに知り合いにあった。芽亜利・Jさんも会場に来ていた。

 

3人で並んで座ってちょっと話した。

 

まもなく、開演。相変わらずの強力なボーカルとダジャレ。宇山さんのドラムもジャズっぽくていい感じだった。

 

あっという間に前半のライブが終了。芽亜利・Jさんは、この後の用事があるとのことで帰った。

 

後半の最初の曲は芽亜利・Jさんが作曲した曲。八月さんが紹介しようとしたところ、芽亜利さんが居ないという、ちょっと面白い偶然。

 
       
  • アドロ
  •    
  • サンバブラジル
  •    
  • ハワイアンヨーデル
  •    
  • イパネマの少年(娘)
  •    
  • 山の人気者
  •    
  • コーラルヨーデル(わりと久しぶり)
  •    
  • (などなど…順不同)
 

アンコールは「お人好し」(江利チエミさんカバー)と意外な展開。でも、この曲は好き。

 

会場で八月さんの作曲した曲「秋の日曜日」がかかっていたけど、この日は歌わなかった。

 

そういえば、タイトルは「まだ夏!」でした。

 

12月の早めのクリスマスライブも楽しみ。

 

 

関連リンク:

 

2017年7月24日 (月)

7/12 '17 中嶋ユキノpresents アコースティック Live 「今夜はswitchで待ち合わせ ~斉藤さんと澤田さんと~」

恵比寿.switchに到着したときは、中嶋ユキノさんが、多少いっぱいいっぱいになりながら、澤田かおりさんや斉藤麻里さんとの出会いやエピソードを話していた。

最初の出演は澤田かおりさん、ピアノ弾き語り:

  1. 快速エアポート
  2. One some love to you
  3. アニーみたいに
  4. Frontier
  5. 君がくれたもの

歌ったり話したり、ゆったりとしたペースのライブ。半年をかけて日本全国でライブしたらしい。その話をしたら、「あたしも4か月でまわった」と言った斉藤麻里さんの件のエピソードに触れると会場から笑いが…

2番目の出演は斉藤麻里さん、ギター弾き語り:

  1. Brand-new way
  2. Yes man
  3. 夏と扇風機
  4. モンスター
  5. ジャカランダ
  6. ダイプ

久し振り「夏と扇風機」を聴いた。やはり期間限定なのか。MC中は豊富な中嶋ユキノネタを披露しながら「ユキノちゃんは面白い」ということばを大丈夫かと思うくらい連発していた。

トリは中嶋ユキノさん、ピアノ弾き語り:

  1. 大好きといえばよかった
  2. ビールとカーネーション
  3. 月明かり
  4. そばにいるから
  5. 伝わんないと始まらない
  6. 私の話

    「月明り」でスポットライトで月が出来ていた。青山月見ルとは、違って黄色い月、最近新しくした照明設備を活かしていた。「私の話」は、自分のことを話すのが得意じゃないと話したら、「だったら歌にすればいい」と云われて作った曲らしい。

    最後は3人でのステージ。澤田かおりさんのイヤリングが落ちて「疫が落ちた」とか、そんな楽屋ネタを披露しつつ笑いを誘っていた。最後に歌う曲は主催者の中嶋ユキノさんがゲストの二人に選曲を丸投げした疑惑が浮上。そんなフィナーレのセットリスト:

    1. 渚 (スピッツ)
    2. 少年時代 (井上陽水)

    思ったよりも早めに終わったけれど、平日の夜と考えれば、ちょうどいい長さ。

    関連リンク:

    2017年4月 4日 (火)

    3/5 ‘17 12:30 八月真澄「バナナボートDay O」

    昼からのライブなので、少し前に来て、コンビニでサンドイッチを買って、公園で昼食。まだ、咳が出るので薬を飲んだ。天気が良くてよかった。

    恵比寿 天窓.switch で八月真澄さんのライブ。今回は、いつもとは違うバンド編成。ピアノは池之端 Quiでやっていたころによく一緒にやっていた江草啓介さん、今回、初めてサポートするベースの仲石裕介さん、パーカッションの飯島ゆかりさん。飯島ゆかりさんは、芽亜利・Jさんのサポートで何度か見ていたが、普段はドラムを入れている八月さんのライブでは、ちょっとカラーが違う気がして面白かった。

    もともと、お客さんに歌う人が集まるライブなのだけれど、今回は、コール&レスポンスが多めだったかな。タイトルにもなっている「Banana boat Day O」を歌ったときは、バナナ風味のお菓子も配られた。世田谷のダジャレイ夫人のダジャレも快調。「Jamaica Farewell」は好きな曲。ここで聴けると思っていなかったのでうれしかった。最後に歌った「サンバブラジル」は私の期待通り。普段からやっている曲だけど、飯島ゆかりさんが居ると一味違っていた。

    恵比寿 天窓.switchの照明も、豪華になっていて、全体的に、新鮮だった。

    関連リンク:

    2016年8月10日 (水)

    8/6 '16 12:30 Masumiのバースデーライブ@恵比寿 天窓.switch

    前日の aro さん30歳のバースデーライブに引き続いて、八月真澄さんの68歳のバースデーライブに行った。

    しかし、実際には67歳で本当の誕生日は8月8日。少し前倒しのライブ

    例年、池之端のQuiでやっていたライブだが、今年は恵比寿 天窓.switch に場所を変えて、バックバンドも変わった。

    ライブチャージも少々お安めに。そのせいか、客層に変化あり。若干の女性ファンの増加、ほんの少し、若返り。

    セットリストも、前半は、英語の曲、後半は日本語の曲と、全体的に、初めての人でも入り込みやすい感じだった。

    だからといって、定番の曲も忘れていない。

    BPS20160807_0001

    客席に話しかけながらのライブ。お客さんに話しかけるたびに客側の電灯を点灯するマメなスタッフ。

    沖縄でライブをやった話が出たけれど、あれはもう8年も前のことになってしまった。

    「Tenessee Waltz (Yodel)」。ピアノの鶴野美香さんの音の出し方に感動。

    後半の最初の曲「丘を越えて~高原列車は行く」は、「真澄」という名前の由来になった曲らしい。

    最後のアンコール曲は「Hawaiian Wedding Song」だった。

    関連リンク:

    2016年5月 5日 (木)

    4/29 ‘16 Singin’Mama Summit vol.12~Final~@恵比寿天窓.switch

    12年間続いたイベントSingin’ Mama Summitが今回で最後になる。開催場所は、ここ数年ずっとやっている恵比寿天窓.switch、ここ数年は毎年4月29日の昼から。私が初めて行ったのは、2007年のvol.4からだと思う。

    BPS20160504_0001(←音波の表紙にも載っている)

    最初の出演は asCentさん、教祖でボーカルの亜矢子さん、僧でピアノまたはその他鳴り物やカリー担当の五十嵐さんの二人。セットリスト:

    1. ジェロニモ
    2. 華カリー
    3. 黒板少女
    4. 少年哀歌(エレジー)
    5. ネオンテトラ(?)
    6. 一年中

    やっぱり、「一年中」を歌った後の二人の笑顔が一番印象に残った。ここ数年、連続の出演で、以前に出演したときにお腹の中にいた子供が乳母車に乗っているのを見ると、時の流れを感じる。今回、亜矢子さんが両手両足負傷していたためか、「春風番長」のような激しい曲は無かった。

    2番目の出演は、むらかみけいこさん、ピアノ弾き語り。セットリスト:

    1. 新しい自分
    2. 私のぼうや
    3. 役員決め
    4. 少しだけノスタルジー
    5. 負けるなチャーリー
    6. 星のうた

    BPS20160504_0004

    「新しい自分」というと、心境の変化を歌っているように見えるけれど、加齢により、物忘れで新しい自分になるという皮肉っぽいところがいい。かといって、それを否定するわけでもない。「役員決め」とか聴いていると、決して責任感があるからPTAの役員を長く勤めているとは限らないということがよくわかる。特にこの頃は共働きの人が多いから大変だろうなあ。7月にクロスストリートでワンマンライブがあるらしい。

    3番目の出演は、大江純さん。訳アリメンバー?で構成されるバンド(ギター:東別府拓真さん、ドラム:遠藤たけしさん、ベース:山梨裕紀さん)での出演。セットリスト:

    1. 北極星
    2. Smile
    3. Sweet 10
    4. F**kin' Perfect  (P!nkのカバー)
    5. September ( earth wind and fireのカバー)

    大江純さんがオリジナルの楽曲を歌うようになったのは、このイベントがきっかけだったとのこと。確かに最初に出演したときは、ほとんどカバーだった気がする。今回はオリジナルのほうが多い。ステージに立ちオリジナルCDのジャケットを見せる姿が目に焼き付いている。CDの売り上げは熊本に寄付するようだった。次のライブの予定は、無いらしい。

    トリは、芽亜利・Jさん、ピアノ弾き語り。セットリスト:

    1. baby talk
    2. あのね
    3. ひめりんごの詩
    4. Singin’ Mama
    5. 18の春に

    BPS20160504_0002BPS20160504_0003

    子供のことを歌った曲を中心に歌った。ちょっと懐かしい気がした。特に「ひめりんごの詩」は長めの曲なため、通常のライブの中ではセットリストに加えにくい。「あのね」も可愛らしくていい。別に子供向けの曲ではないのだけれど、物語の世界のことを歌っている。子供の心を思い出させる大人向けの曲というところか。

    最後ではあるけれど、当たり前に来年も続きそうな気がするほど、いつも通りに時間が過ぎていった。

    最後は全員で:

    1. 365日の紙飛行機

    AKB48の曲だということは後で知った。卒業式風の終わりになった。

    今後は、新しいイベントを計画しているらしい。詳細は、不明。

    関連リンク:

    2015年11月10日 (火)

    11/8 ‘15 A Woman in Red~芽亜利・J Birthday Live~

    毎年、11月の前半に開催される芽亜利・Jさんのバースデイライブに行った。例年は南青山マンダラだったが、今年は恵比寿天窓.switch。恵比寿ガーデンプレースは雨にもかかわらず、前日の11月7日から始まったクリスマスイルミネーションで華やかな雰囲気だった。

    恵比寿天窓.switchの階段に並ぶ。中に入ると、満席状態で、.switchでは、もう狭いんじゃないかと思った。カウンターと物販席の間にある3つに椅子の一つに顔を隠した白髪の女性が座る。銀河鉄道999で哲郎がマントと帽子をかぶったときの雰囲気に似ている。演劇関係者だろうか?

    しばらくすると、オープニングの映像、走る芽亜利・Jのスライド。ワインとパンを持って、赤い服を着た芽亜利・Jさんがおばあさんのところへいうという設定。ここは、渋谷のあの辺かななどと、思いながら見ていると、突然、後ろから、女性の大きな声、「めありは、どこだい!」と何度か叫ぶ。カツラとコートを脱いで真っ赤な服を着た、芽亜利・Jさんが登場。どこからか聞こえてくるピアニカの音に合わせて「エンドロール」を歌う。そのまま、歩いてステージへ。

    (それにしにしても、開演30分前から、客席に居たとは恐れ入った。後で聴いた話だが、全然気づかない家族が近くの席に座って噂話をしていたらしい。)

    第1部はこんな風に始まった。前半は鶴野美香さんのピアノでハンドマイクで歌う。後半は、ヘッドセットを付けて、自身のピアノ弾き語り。衝撃的な始まりではあったが、懐かしめの「渡り鳥の夢」や、好評だけれど、まだCDには収録されていない「花曇り」といった曲、定番の「うちな~るスマイル」は手話を交えてみんなで歌い、静かに落ち着いた雰囲気で終わる。

    15分の休憩の後、第2部が始まる。よく見ると、前半とは違った赤いドレスに着替えている。あまり強調するセリフはなかったけど、まさにライブのタイトル通り。ピアノは第1部に弾き続き鶴野美香さん、ウッドベース安部紀子さん(実は隠れてピアニカも吹いていたと思われる)、ドラムは谷純児さん。最初から派手に「ゲリラ豪雨」。アレンジがサンバ風になっていて、サンバホイッスルが入ってもいいかなっと思った。第2部、「Bird」が入っていたりで新旧織り交ぜたセットリスト。途中、黒い服を来た背の高い女性が、テーブルを片づけたり、マイクスタンドを直したりする。「switchに、こんなスタッフいたっけな?」と思ったら、次のステージでかっこよく踊り始める二人。もう一つの仕掛けだった。あっという間に第2部最後の曲「18の春」を歌った後、思い出したように「最後の曲でした」と一言。めありんさんにはめずらしい。それだけ、必死に駆け抜けたのかもしれない。これで終わるわけもなく、アンコールは、「Be Happy」を歌う。

    BPS20151109_0001BPS20151109_0002BPS20151109_0003

    ※本文と広告は関係ありません。

    2012年4月30日 (月)

    4月29日、恵比寿天窓.switch、「Singin’ Mama summit Vol.8」

    毎年恒例のSingin Mama summit。主催も司会も芽亜利・Jさん、手作りのお菓子付き。今年も昨年に引き続き、恵比寿天窓.switchで開催。

     

    Sing

    最初の出演は大江純さん。バンドで出演。   

    1. 好きといいたくて
    2. 北極星    
    3. The Greatest Love of all (Whitney Houston のカバー)
    4. バースデイ    
    5. 約束(島田歌穂さんのカバー)
     

    最後の曲は、最強の助っ人である息子さんとともに。 

     

    2番目の出演は伊藤久美子さんがピアノ弾き語り。 

    1. カラフル
    2. 君の声(新)
    3. ミルクティー    
    4. Happy Birthday Song
    5. 種の歌    
    6. 花束の伝言

    かなり久しぶりに聴いたと思ったら、2年ぐらいお休みしていたらしい。 

    3番目はasCentのお二人による『第二十二回 教祖の主張』(笑): 

    1. あなたと    
    2. 華カリー
    3. 一年中    
    4. はにかみ鬼様
    5. 透明の雨が満ちる

    この日はNEWアルバム『九鬼』も発売。 

    4番目は西村理恵さん、ピアノ弾き語り、京都から。この日唯一の初めて見る人。   

    1. ?    
    2. Travels
    3. Holiday    
    4. 星になったママへ
    5. いのちの花

    家族の東京旅行も兼ねての遠征。お天気でよかった。 

    トリは、芽亜利・Jさん、ピアノ弾き語り。   

    1. Be happy!!
    2. My only one    
    3. blowin’
    4. うちな~るスマイル    
    5. Singin’ Mama

    お馴染みの名曲たち。このごろ、ワンマンで見る機会が多いのでちょっと短めに感じた。

    フィナーレは全員でプリンセスプリンセスのカバー「ダイヤモンド」を歌う。 

    Mearij

    2011年9月 9日 (金)

    8月26日、恵比寿天窓.switch、木下直子企画「コラボしよ2011」~木下直子誕生日前夜祭編~

    ハッキリ言って、雨女とか雨男なんていうのは、基本的には気のせいである。しかし、1度、雨女とか雨男などと言われてしまうと雨の日の記憶と自然にリンクされ、彼または彼女の伝説が強化される。

    8月26日、関東地方では、かなり強力な雨が降った。いわゆるゲリラ豪雨というやつで、各地で被害が出て電車のダイヤも乱れた。東京都内では床上浸水29件、床下浸水98件、道路冠水48件と、散々な結果になった。

    そして、木下直子さんの企画ライブの日だった。彼女が雨女であると確信した人は何人もいたかもしれない。

    001_462x640

    雨の中、電車も遅れまくったが、開場前に現地へたどり着く。これはちょっと見逃せない、オープニング映像も無事にみることができた。木下直子について1分間のインタビューだったが、字幕による本人の突っ込み入りで、かなり笑えた。それにしても、A.Hさんの「ハイテンションばばあ」発言は、それなりに波紋を呼び、「絞めてやる」という発言もどこからか聞こえてきた。

    オープニングアクトの吉崎硝子さんが登場。ピアノ弾き語りで3曲。

    1. そらみろ
    2. ナツノヒ
    3. ナイト*トレイン(木下直子とコラボ)

    「ナツノヒ」がわりと好き。「ナイト*トレイン」のコラボ、かっこよかった。

    メインアクトの1番目は斉藤麻里さん。この日、唯一のギター弾き語り。個人的には木下直子さんも斉藤麻里さんも同じライブハウスで活動していたので、今まであまり交流がなかったのが不思議だった。しかし、このところの急接近ぶりは、ちょっと面白い。

    1. 夕焼けセンチメンタル
    2. メロディー
    3. 魔法のバンドエイド
    4. 明日、映画を見に行こう(木下直子とコラボ)
    5. ダイブ

    「魔法のバンドエイド」は木下直子さんのリクエスト。「明日、映画を見に行こう」は、いろいろなアレンジがあるけれど、サビを木下直子さんが歌っているのはこの日しか聴けない。

    素敵ゲストの1番目は戸城佳南江さん。ピアノ弾き語り:

    1. あなたがいて、わたしがいて
    2. おかえり(花粉症姉妹)
    3. 南風と太陽(花粉症姉妹)
    4. 古傷(アルコリカ)

    戸城佳南江さんと木下直子さんといえば、花粉症姉妹というユニットで有名。昔、今は亡きHMV渋谷店で花粉症姉妹のCDを見つけたことをふと思い出す。しかし、二人で歌っているのは初めて見た。戸城佳南江さんは、アルコリカというユニットも始めたらしい。

    メインアクトの2番目、ヒグチアイさん。インタビューの中で問題発言をしたので絞められるかと思って帰ろうかと思ったなどと、軽い冗談を飛ばした後でライブを開始。この子の憎まれ口は、なぜか可愛い。

    1. ココロジェリーフィッシュ(木下直子とコラボ)
    2. 合鍵
    3. 東京
    4. 巡る記憶

    素敵ゲストの2番目、BlueBlueは、女性ボーカルと男性ピアノの二人組。

    1. 虹の町(木下直子とコラボ)
    2. ハッピーバースデイ

    「虹の町」は去年、木下直子さんと共作で作った曲らしい。私の気のせいでなければ、木下直子さんの一人バージョンもライブできいたことがある気がする。

    そして、トリは今まで、ちょくちょく出てきた木下直子さん。

    1. 私を守るもの
    2. 赤い靴のワルツ
    3. ツヨガリ、ヨワムシ
    4. 最後の音符
    5. ハローHERO!

    そしてアンコール。ここで、急にハッピーバースデイの歌。お祝いにかけつけたシミズリエさんと吉村かおりさんが表れてバースデイケーキが登場。感動しすぎて進行が難しくなり、斉藤麻里に進行役が移る。

    最後は全員で「愛の大きさ」で終わる。

    2011年5月 3日 (火)

    4月24日(昼)、恵比寿天窓.switch、『Singin’ Mama Summit vol.7』、芽亜利・Jさん

    今年のSingin’ Mama Summit vol 7の東京会場は、去年に引き続き、恵比寿天窓.switch。徐々に会場を広くしているけれど、ここも既に満員だった。念のため、説明すると、子供を持つママシンガーが出演するイベント(お菓子付き)。

    短めのスカートで登場する司会は主催者でもある芽亜利・Jさん。

    最初の出演は、イクラさん。今回のメンバーの中では新米のママ。しかし、子供とどのように接するべきかについて大きなテーマを持っている。大阪弁で語り、ミニギターで弾き歌い:

    1. Love & Peace
    2. ひとつだけ

    いつもはアップライトのピアノや電子ピアノが多いのだけれど、今回はグランドピアノで弾き語り:

    1. ヒカリ
    2. 片翼の天使
    3. ソレアード(Soleado)

    MCで笑いをとり歌で泣かせるのはいつものスタイルだけど、今回は、最後ギターに戻らず、ピアノのまま『ソレアード』で終わる。

    『ソレアード』は由紀さおりさんと安田祥子さんが歌っているのを聴いてお気に入りの曲になったらしい。ある程度の年齢の人なら『カックラキン大放送』で野口五郎と坂上二郎がエンディングで歌っていた曲といえばわかるかもしれない。Soleadoはスペイン語で「ひだまり」という意味。

    2番目の出演は大江純さん。ギター、ベース、ドラムのサポートで歌う。

    1. PRAY
    2. 東京スカイ(新)
    3. L-O-V-E (ジャズスタンダード)
    4. Birthday(新)
    5. Is’t she lovely (スティービーワンダーのカバー)

    3曲目、『L-O-V-E』からはピアノのサポート(リラックマ?)が参加。
    『東京スカイ』と『Birthday』はこの日のために持ってきた新曲。言われてみるとそうなんだけど、”Isn’t she lovely”はスティービーワンダーが自分の娘が生まれたときに作った親ばかな曲だとか。

    3番目、松井恵子さん。ピアノ弾き語り。

    1. ?(・_・;)
    2. おやすみ(新)
    3. アンパンマンのマーチ
    4. Hard time come again no more (Stephen Foster)
    5. いっしょにゴハン
    6. 小さな小さな話がしたい

    今回のように、子供のお客さんが多いときは、松井恵子さんのようにかわいい歌があると嬉しい。「いっしょにゴハン」は、しばらくクセになるから、家に帰ってから、歌った人も多いんじゃないだろうか?Singin' Mama Summit Westに続いての出演。

    4番目、Live wire live。ギター、ベース、ドラム、そしてボーカルの4人編成。

    1. さかだちのセカイ
    2. 空の上の空
    3. Sing like evrything now(?)
    4. For you is for me
    5. Start

    『さかだちのセカイ』は、反発するでもなく、世の中を否定しているわけでもなく、とりあえず、さかだちしちゃっているところがいい。って意味不明な説明。♪ことばが足りない、ときどき足りない。

    芽亜利・Jさんに代わって松井恵子さんの司会進行で、最後に、芽亜利・Jさん。ピアノ弾き語り。

    1. Be Happy!
    2. 美しきもの
    3. ふわりふわり
    4. ポパイ
    5. Singin’ Mama

    『ポパイ』は、コールアンドレスポンスで、男性(ポパイ)と女性(オリーブ)の掛け声が入るわけでは、今回は、ポパイとオリーブの札が登場していた。

    『Singin’ Mama』は、このイベントのテーマソングともいえる曲なのだけれど、このイベントで歌ったのは初めてだった。

    フィナーレは、感謝の気持ちをこめて「ありがとう(いきものがかり)」を歌って、すっきりとした締めくくりで終わる。

    イベントの趣旨に沿ってなのか、全員が子供のことを歌った曲をセットリストにいれた暖かいイベントになった。

    2010年6月15日 (火)

    6月5日、恵比寿天窓.switch、フジモトタカコさん『産休でThank you』

    フジモトタカコさんから通販でチケットを買って郵便で届いてから一ヶ月。このやりとりは楽しい。タカコさんからマメに確認のメールも届くし、待つまでの時間も楽しい。3マンのライブだけれど、共演者も以前から知っているThanyaとThe ROCOS。楽しめることが最初からわかっている人たち。

    司会はさちまるさん。タカコさんのお姉さん。派手な赤い衣装。派手なかつら。和田アキ子のモノマネで歌う。この人は、お笑いだけど、やっぱり歌もうまいなと思う。最初の出演者はThanya。オリジナルの曲に加えてthe ROCOSのHirocoさんと一緒にタカコさんの曲をカバー。『力の杖』はThanyaさんたちとthe ROCOSのHirocoさんで。ちょうど、Thanyaさんたちとタカコさんたちが川崎のMUZA前で歌い始めたころ、Keiさんとタカコさんでこの曲をよく歌っていたことを思い出す。2番目の出演者はthe ROCOS。この前、吉祥寺Planet-Kでも見たのだけれど、間に合わなくて、1曲しか聴けなかった。カッコいい音だすバンドだなっと再認識。ギターがちょっとお気に入り。ボーカルのHirocoさんがHiroco:mode名義で発売するというアルバムも楽しみ。最後の出演者はタカコさん。ウッドベースのサポートは視覚的にもインパクトあり。パーカッションの姿は座っている位置の関係でちょうどタカコさんの後ろになって見えず。ギターサポートはKeiさん。このごろの曲も、昔の曲も織り交ぜてのライブは、このごろのファンにも昔からのファンにもうれしいセットリスト。アンコールで歌った『空色の花』はインパクトがあった。軽くぶっちゃけ話もあり(ぶっちゃける前から、わかってはいましたが…)

    ライブ後は、タカコさんが持ってきた懐かしい品々を見る。昔の写真、CD、イラスト、フライヤー。そういったものを手にしながらできる人の輪の中でおしゃべり。お客さんだけではなく、ずいぶんと長い間、一緒にやってきた仲間たちにも、感慨があったようだった。この人たちは本当に長い。

    産休前の一区切りだけでなく、今までの10年間の区切りになるライブだった。

    その他のカテゴリー

    2m&m | 3☆COLORS | 3丁目カフェ | 815-ハチイチゴ- | A for-Real_ | ALLaNHiLLZ | an | AndRE | Annu | Ano Yoko | APIA40 | aro | asCent | Asiah | ASUKA | ave | AYUMI | blossom | BlueBlue | Can'no | Cana | cha-bean | chinatsu | CHiYO | Choro | Cokuri | Colors to cooks | Cyan | Dai-Go!-Low | Dr.Art | Dramatic Night | dying bird | emie | Fluera Maki | furani | Gekkan Tsubasa Live | Gibara Attack | GIVE ME OW | grassbird | hannah honeybee | Hiro | I LOVE TOKYO | I nou vory | i.o | immortal noctiluca | Isao | isinglass | Japan Folk Festival | Jiminy Cricket | kae | kaho* | Kanon the spice | kasumi | Kayo | Kazu(ドラム&カホン、パーカッション) | Kazue | KENNEL | kurumi | Laco | Leaf room 豪徳寺 | live wire live | LONO | Lunakate | maayo | Macoron | mag | MAGENTA RODEO | marina | Marine bottle another story | mean's | meeco | MIDNIGHT BOOSTER | Miina | Mikoto | MIMOGY | Mint Julep | MISSIW | Mogami | MUSIC CAFE SO-SO | Music Vox 公開収録 | myunとyayo~ | N.U. | nakanoまる | NECO★ | Neo-Zonk | niruno | nora | nostalgic-scopes | ONE GOOD REASON | opuchi misin | OSC湘南シティ | OTO-NECO | Party7 | PEKO | Pororoca Lindo | rails-tereo | Response | Retro Note | riry*mona | Ro-mio | rojide | RojoAla(ろじお) | rose | Ru.us | Ruca | Ryo Yoshinaga_ | sachi. | Saika | Sammy(パーカッショニスト) | Singin' mama | slow drama | SMOKY & THE SUGAR GLIDER | SOLZICK | Sooners | Soshi | sparkling☆cherry | sWan(バンド) | Synonym | Tahnya | TAM | TAROCY MUSIC | Thalassa | THE JUL'S | THE LED SNAIL | The Naoki | The Sirens | The Soul Klaxon | Tokyo Funky Dolls | TOMOO | TONEAYU | toricolore | totorabo | TOWER OF MUSIC | Tressa Yokohama | TSMusic | tugumi | U (UsusU) | UN-JAMI | unconditional love | utaco. | Valuemusic | vi-ta & haruo yamanaka_ | VOLOMUSIKS_ | walking down by low | Walking Radio | Watana Besta SOCIAL club | Winry Rock Bell | Yasmin | YukariRoja_ | yukky* | YuReeNa | Yurica | yuuka | ZARAME一味 | あえか | あお | あずままどか | あべさとえ | いいくぼさおり | いいじゃんかわさき | いがらしめぐみ | いさご通りまちかどミュージック | いしはらとしひろ | いちろう16 | いろは。 | いわべけんじ | うたとめし | うつぼ | えぴ | えりのあ | おおはた雄一 | おお雨 | おつかれーず | かさね | かわうそ | かわしん広場ステージ | ききまたく | きしのりこ | くりすあすか | こまごめわいわいホール | さぁさ | さいとうりょうじ | さとうGO | さとう麻衣 | しなだゆかり | しゃみとなでしこ | しらいしりょうこ | じゅりあ | すぎぼう | すとう舞 | すわじゅんこ | せりかな | そばや de ライブ | たきざわさとみ | たちばな通り 庁舎前広場 | たなかゆり | だいじゅ | だいぶ、やっちゃいます | ちょっキんず | てつろう | なかむらしょーこ | なかむらまきこ | なかもとゆか | なっちゃん | にゅわん | のぐち | のむらひとみ | のら馬たち | はらかなこ | はるのまい | ひぐちけい | ひなたなほこ | ひびき | びゅーちふるず | ふわ(o・v・o)ライブ | まり子 | まるみ | みどりこ | みのべありさ | み~さ&まいまい | むらかみけいこ | むらかみ・F・けいこ | やまだせんろ | やもとなおこ | ゆうパークおごせ | ゆん(ex 箪笥ボーイ) | らじるし | れい | アキオカマサコ | アキドリ | アクリルスタッブ | アサダマオ | アスナル金山 | アンソニー | アースバウンド | イオン高槻店 | イクラ | イダセイコ | イナダミホ(From sinkirow) | イラスト | ウニクス鴻巣 | ウルルJUN | エビタイガー | オガワマユ | カケラバンク | カツマーレー | カドゆうた | カナミネケイタロウ | カヨコ | カワミツサヤカ | キクチタケシ | キッサコ | キュウ | キョロザワールド | クイーンズスクエア横浜 | クサノ ヒロミ | クボフミト | グイットーネ | コスマス・カピッツア | ササキオサム | サラ・テ・ロロコ | サルパラダイス | サルーキ= | ザ♂ゴージャシックス | シミズリエ | シューホナミ | スモーキースナフキン | ズータンズ | セクシィ&ラブスナイパーズ | ソウムニカ | タイムドーム明石 | タカハシコウスケ | タケイタケル | ダイナマイトしゃかりきサーカス | チャイナエクスプレス杏花園 | チャンベビ | チャーリー坂本 | ツヅリ・ヅグリ | トミタショウゴ | トリ音 | ナダカナナミ | ノグチサトシ | ハイハイ4!! | ハセガワ ミヤコ | ハッカドロップス | バクザン | バムクーヘン | ヒグチアイ | ヒサ絵 | ヒメノアキラ | ビルボード大阪 | ピロシキアンサンブル | フカマチカズマサ | フジタカズキ | フジモトタカコ | フラット フラミンゴ | プティ's ジャンベカーニバル | プレ葉ウォーク浜北 | ヘルメッツ | ボ沢セバスチャン | マイケルジャクトン(Miyabishi Sumida) | マガラニカ | マキアダチ | マスキー | マリエ | マリンボトル | ミキコ | ミューザ川崎ゲートプラザライブ | ミーワムーラ | ヤマハ銀座スタジオ | ユカリエ | ヨースケ@HOME | ララガーデン春日部 | ルシオーレ | レディースデーシリーズ | レレエモア | 三ヶ尻愛美 | 三木あずさ | 三浦剛 | 三軒茶屋 grape fruit moon | 上保美香子 | 上前津Music Bar BOB | 上村叶恵 | 上田敦美 | 上野の森キリスト教会 | 上野まな | 上野野外音楽堂 | 下北沢 BAR? CCO | 下北沢 Half Moon Hall | 下北沢 lete | 下北沢 Lown | 下北沢 Seed Ship | 下北沢440 | 下北沢GARAGE | 下北沢LOFT | 下落合カフェクースタ | 世手子 | 世莉奈 | 中前りおん | 中島優 | 中嶋ユキノ | 中川樹海 | 中村千尋 | 中牟田俊男 | 中田朝子 | 中畑丈治 | 中西桃華 | 中野斗愛 | 二子玉川 Pink noise | 二村佳代子 | 二足のサンダル | 井出匠 | 井荻チャイナスクエア | 京橋セブンデイズ | 人形町サロンゴカフェ | 仁平智子 | 今井里歩 | 今泉沙友里 | 代々木 ARTICA feat.遊 | 代々木Boogaloo | 代々木公園 | 代々木原シゲル | 代々木金魚カフェ | 代官山LOOP | 代官山NOMAD | 仲本友香 | 伊勢佐木町 CROSS STREET | 伊勢原ビストロ豆穂 | 伊禮恵 | 伊藤さくら | 伊藤サチコ | 伊藤久美子 | 伊藤寛之 | 佐々木かの | 佐伯佑佳 | 佐合井マリ子 | 佐藤ひろこ | 佐藤ゆみ | 佐藤大介 | 佐藤数馬 | 佐藤竹善 | 佐野まゆみ | 保刈あかね | 倉島勲 | 優希 | 元住吉POWERS2 | 元村りか | 光上せあら | 光美-terumi- | 入日茜 | 八月真澄 | 八木亜由美 | 八王子ふらっとん | 六本木morph-tokyo | 六本木Splash | 刈川圭祐 | 初台Doors | 初音 | 前田有加里 | 加藤聡 | 加那 | 北参道STROBE CAFE | 北参道ストロボカフェ | 北川友紀 | 北村優希 | 北村瞳 | 北澤コイチーズ | 千佐都 | 千駄木 角ぱんカフェ | 南條ゆういち | 南紗椰 | 南青山マンダラ | 厚木 | 原宿KDDIデザイニングスタジオ | 原宿アストロホール | 原宿クロコダイル | 原宿ラドンナ | 古屋かおり | 古賀小由実 | 吉崎硝子 | 吉村かおり | 吉田宏志 | 吉祥寺MANDA-LA2 | 吉祥寺Planet-K | 吉祥寺Star pine's cafe | 向江陽子 | 和泉まみ | 和田有隆_ | 和角一樹 | 唄芸 | 四谷 Doppo | 四谷天窓 | 四谷天窓.comfort | 図師たまみ | 坂本タクヤ | 坂本美雨 | 坂本麗衣 | 城所葵 | 堀尾和孝 | 堤谷直子 | 増田起也 | 夕夏 | 外苑前 Z.Imagine | 大和ハギンズビー | 大塚welcome back!! | 大塚雄士 | 大曽根クルール | 大森真理子 | 大江純 | 大町奈津子 | 大石由梨香 | 大野賢治 | 天田優子 (ex joy) | 奥華子 | 如月愛里 | 安本美緒 | 安部たかのり | 安里麻紀 | 宮屋敷ゆう | 宮川真衣 | 宮林愛美 | 宮良彩子 | 宿河原ポトス | 小川エリ | 小川徹 | 小川謙司 | 小平加奈 | 小林さや | 小林健二 | 小林未季 | 小林未郁 | 小玉しのぶ | 小玉哲也 | 小田急相模原 School of rock | 小野ゆかり | 小野亜里沙 | 尼崎BLANTON | 山下雄平 | 山中友紀子 | 山口進 | 山崎あおい | 山崎竜 | 山本かおり | 山本圭介 | 山本慎太郎 | 山本紗綺 | 山根万理奈 | 山根哲彦 | 山瀬亜子 | 山田兎 | 山田庵巳 | 岡田淳 | 岡田茜 | 岩下直人 | 岩井明日海 | 岩崎けんいち | 岩間渉 | 嶋雄大 | 川口キャバリーノ | 川合鉄平 | 川崎銀座街バスカーライブ | 川崎駅前 | 川越かなえ | 工藤江里菜 | 市川セカイ | 幡ヶ谷 36°5 | 平井里奈 | 平塚L-WORDS | 広島綾子 | 康友_ | 廻田彩夏 | 引田香織 | 御影クラッセ | 御茶ノ水 Kakado | 恵比寿天窓.switch | 惣菜bar ぺけひゃく倶楽部(神戸市灘区) | 愛未(三姿舞) | 成瀬クロップ | 戸城佳南江 | 戸川まな | 押谷沙希 | 拝郷メイコ | 斉藤利奈 | 斉藤利菜 | 斉藤哲也 | 斉藤恵 | 斉藤麻里 | 斎藤渉 | 新大久保quarter note | 新大久保quarternote | 新宿 Glamstein | 新宿navi cafe | 新宿SACT! | 新宿カールモール | 新宿御苑前レストランパペラ | 新宿白龍館 | 新横浜BELL'S | 新橋おかげや | 新谷昌代 | 族音二重奏 | 日比谷野外大音楽堂 | 明香音 | 春里晋平 | 晴田悠加 | 暮部拓哉 | 曙橋iCafe | 月刊ノマド | 月島社会教育会館 | 有坂ともよ | 朝香智子 | 木下直子 | 木村千草 | 未来圭 | 朱里乃 | 杉原由規奈 | 杉山結香 | 杉村結香 | 杉浦琢雄 | 杉瀬陽子 | 村上紗由里 | 村上通 | 村岡広司 | 村男 | 東京タワー Club333 | 東川亜希子 | 東新宿 真昼の月 夜の太陽 | 東木瞳 | 東郷祐佳 | 松下しげき | 松井恵子 | 松井絵里奈 | 松千 | 松尾優 | 松岡里果 | 松本菜々美 | 松江市総合文化センタープラバホール | 松澤春菜 | 板橋ファイト! | 林ももこ | 柏Thumb Up | 柏駅東口前広場 | 柳本しほり | 柿沼なつみ | 梅原千也 | 梶有紀子 | 森ゆめな | 椛島恵美 | 楓奈(ふうな) | 楠在音 | 楠橋かおり | 横浜baysis | 横浜BBストリート | 横浜O-Site | 横浜thumbs up | 横浜スタジアム | 横浜マリンタワー | 横浜ランドマークホール | 横田悠二 | 横田良子 | 樹-itsuki- | 橋爪もも | 橋田北斗 | 橘亜耶 | 櫻木まり | 歌娘 | 歌心 | 武村麻実 | 武蔵小杉 そばや あさひ | 武蔵小杉Throb | 武蔵新城カフェハット | 歳星 | 氏家麻衣 | 江古田マーキー | 池之幡Qui | 池袋鈴ん小屋 | 河井杏林 | 河相我聞 | 河野智行 | 河野暁子 | 泉沙世子 | 洋輝 OF THE DEAD | 洋輝( ex TOKYO SICKS) | 浅井茉美 | 浅羽由紀 | 浅草ZINC | 浅草橋ボーノボーノ | 浜野誠 | 海月光 | 海老名ビナウォーク | 海藤あいか | 清水雄一郎 | 渋谷 CBGKシブゲキ | 渋谷 eggman | 渋谷 Loop Annex | 渋谷 Milkyway | 渋谷 Ruido K2 | 渋谷 Star lounge | 渋谷 TAKE OFF 7 | 渋谷 Wasted Time | 渋谷 七面鳥 | 渋谷7th Floor | 渋谷APIA | 渋谷Aube | 渋谷BOXX | 渋谷Gee-ge | 渋谷Guest | 渋谷Guilty | 渋谷O-Crest | 渋谷O-East | 渋谷O-nest | 渋谷O-West | 渋谷SongLines | 渋谷Soul Smooth Cafe | 渋谷めぐみ | 渋谷タワーレコード | 渋谷チェルシーホテル | 渋谷マウントレーニアホール・プレジャープレジャー | 渋谷公園通りクラッシクス | 渋谷区総合文化センター大和田 | 渋谷多作 | 渕上里奈 | 渡辺ヒロコ | 湘南台文化センター | 湯野川宏美 | 潮崎ひろの | 澤田かおり | 瀬川あやか | 片岡百合 | 片瀬江ノ島・虎丸座 | 牛玖舞 | 牧野公美 | 狛江Add9th | 王子サンスクエア | 瑠愛 | 田中栞理 | 田口悠希_ | 田口慎二 | 田宮俊彦 | 由來 | 町田Act | 町田westVox | 畑中摩美 | 畑崎大樹 | 白雪初姫 | 百瀬あざみ | 百色シネマ | 的野祥子 | 相模大野アコパ | 相沢梨紗 | 真昼の月夜の太陽 | 矢野あいみ | 石垣隆太 | 石川ヨナ | 磯裕子 | 祐里奈 | 神山みさ | 神戸あかり | 神戸ハーバーランド | 神田莉緒香 | 福山沙織 | 福田翔子 | 秋山美保 | 秋葉原PAGODA | 稲城Green World Cafe | 稲城グリーンワールドカフェ | 立川アレアレア | 立石純子 | 竹仲絵里 | 竹澤汀 | 笠間洋平 | 篠木晋也 | 絢音 | 絵仁 | 絵梨めろん | 織田智朗(おだともあき)_ | 織里原洋子 | | 美元智衣 | 美音 | 美馬雅世 | 羽純 | 聞間拓 | 自由が丘女神祭り | 臼井嗣人 | 舞子 | 舞戸亜美 | 花枝聖 | 花菜 | 芳賀義彦 | 芸能・アイドル | 芽亜利・J | 若林美樹 | 茅ヶ崎 UTTA Pang! Pang! | 荒川ゆかり | 荒木林太郎 | 荒牧リョウ | 菅野恵 | 葵ミシェル_ | 蒲田温泉 | 蓮音まゆ | 藍風くじら | 藤原右裕 | 藤原奈津美 | 藤本大祐 | 藤森愛 | 表参道FAB | 表参道青山アイビーホール | 西ノ園達大 | 西健志 | 西村加奈 | 西村奈央 | 西村理恵 | 西荻窪ARTRION | 見田村千晴 | 角刈りデートクラブ | | 詩-uta- | 諫山実生 | 谷口深雪 | 赤坂BLITZ | 赤坂L@N | 赤坂TENJIKU | 赤坂ふらっとん | 赤坂グラフィティ | 辻村崇 | 辻詩音 | 辻香織 | 近藤薫 | 追い風 | 連連連つなごう川崎 | 進藤克己 | 遥奈 | 郁彩 | 都竹宏樹 | 酒井ヒロキ | 里地帰 | 里実さと | 野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ | 金沢文庫Road and Sky | 鈴ん子屋 | 鈴木あい | 鈴木初音 | 鈴木友美 | 鈴木友里絵 | 鈴木知美 | 鈴音 | 銀座 音楽ビアプラザ ライオン | 銀座Miiya Cafe | 鎌田瑞輝 | 長谷川きよし | 長谷川直樹 | 門並明日香 | 阿佐ヶ谷Yellow vision | 阿部実 | 難波Cellar Bar Kent | 雨宮まあ子 | 青山 RizM | 青山月見ル君想フ | 青沼ーズ | 音♪交差点 | 音夢食堂 | 音楽 | 音霊 | 風来直 | 飯田橋RAMLA | 飯田舞 | 饗庭純 | 高円寺 楽や | 高円寺Mission's | 高円寺Stax Fred | 高円寺U-hA | 高尾彩佳 | 高橋あすか | 高橋てつや | 高水春菜 | 高田リオン | 高田慶二 | 高田梢枝 | 高田馬場 JET ROBOT | 高田馬場 音楽室DX | 高田馬場Club Phase | 鴨志田喜久 | 鵠沼海岸 海の家 くまざわやさん | 黒川沙良 | 黒木美和子 | 黒沢まりさ | 黒澤まどか | 黒葛原りつ | 齋藤俊一